注目のキーワード

最新記事

英王室

カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

Camilla Wears Symbol in Canada That Made Diana Uneasy About Major Designer

2022年05月21日(土)15時36分
ジェームズ・クロフォード=スミス

カナダを訪問した際もカミラ夫人の手にはシャネルのバッグが(5月17日) Carlos Osorio-REUTERS

<カナダを訪問したカミラ夫人が持っていたバッグに注目集まる。「C」が重なり合ったロゴマークが連想させた故ダイアナ元妃の苦悩>

イギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人は、5月17日から19日までカナダを訪問したが、この際にカミラ夫人が高級ブランド「シャネル」のハンドバックを持参していたことが注目されている。故ダイアナ元妃がかつて、このロゴマークを嫌っていたというエピソードを多くのイギリス国民が思い起こしたからだ。

チャールズ皇太子の2人目の妻であるカミラ夫人は、オタワに到着した際に、キルティング模様が特徴的なシャネルのハンドバッグ「ココハンドル」を持っていた。3日間にわたる公式訪問は、エリザベス女王の在位70年を祝う「プラチナ・ジュビリー」に合わせた記念行事の一環として行われた。

王室評論家たちは皇太子夫妻のカナダ訪問を前にして、ウィリアム王子夫妻の時のような温かい歓迎を受けることはないかもしれないと警告していた。北米では今も、ダイアナの「大きな影響力」が根強く残っているからだ。

シャネルは20世紀初頭に、ガブリエル・「ココ」・シャネルが創設したブランドで、(当時は喪服とされていた黒の服をファッションに取り入れた)「リトル・ブラック・ドレス」やウール製のツイードスーツで有名になった。

220521web_dcc02.JPG

5月10日、ロンドン Chris Jackson-REUTERS


「2つのCはカミラとチャールズのC」

カミラはシャネルの長年のファンであることが知られており、カナダで持っていたハンドバッグの留め具部分には、2つの「C」が重なり合った、あの有名なロゴマークがついていた。ダイアナは生前、(2つのCは)「チャールズとカミラを連想させる」として、このロゴマークに居心地の悪さを感じていたという。1995年に出演したBBCの番組「パノラマ」で彼女は、カミラは「第三者」として自分たちの結婚生活の中に存在していると語っていた。

ダイアナはシャネルの得意客で、同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めていた故カール・ラガーフェルドがデザインしたスーツ、靴、バッグをはじめとする数々のプレタポルテのコレクションを、公のイベントで身につけていた。

だが、彼女の執事だったポール・バレルによれば、ダイアナは新婚旅行の時に、カミラからチャールズへの刻印入りのプレゼントを見つけた時から、「C」の文字を重ね合わせたシャネルのロゴマークを嫌うようになったという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

ワールド

米は「アジア版NATO」構築、北朝鮮が非難 防衛力

ビジネス

午後3時のドルは小幅安、実需売りの後は一進一退 ト

ビジネス

日経平均は大引け=3日続伸、米国の金融引き締めへの

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売