最新記事

英王室

カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

Camilla Wears Symbol in Canada That Made Diana Uneasy About Major Designer

2022年05月21日(土)15時36分
ジェームズ・クロフォード=スミス

220521web_dcc03.JPG

AndreaAstes-iStock

バレルは2020年にテレビ番組のインタビューの中で、「ロイヤル・ブリタニア号での新婚旅行の際に、ダイアナはCの文字を重ね合わせた刻印入りのカフスボタンを見つけて、『これは何?』と夫を問い詰めた」と明かし、さらにこう述べた。「カフスボタンはカミラが結婚祝いとしてチャールズに贈ったもので、重ね合わせたCの文字は、自分のことを忘れないでというメッセージだった」

ダイアナの死後に彼女の所有物を盗んだとして、2002年に起訴された過去がある(後に起訴は取り下げられた)バトラーはさらに、ダイアナから所有するシャネルのアクセサリー全てのロゴマークを取り外すよう指示を受けたと語った。「彼女の靴やハンドバッグについているシャネルのロゴマークを全て、取り外さなければならなかった」と彼は述べた。

オーストラリアのファッションデザイナー、ジェイソン・ブランズドンもまた、ダイアナがシャネルのロゴマークに居心地の悪さを感じていたことを覚えている。彼はダイアナが1996年(チャールズと離婚した年)にオーストラリアを訪問した際に、ダイアナと会っている。

ダイアナの死から今年で25年

彼はダイアナに紹介された際、コーディネートを手伝ってほしいと頼まれたという。「彼女は両手いっぱいに靴やバッグを持ってきて、ソファの上にどさっと置いた」と彼は述べ、さらにこう続けた。

「そして(ダイアナは)私に『どう思う?』と尋ねた。私がその中からシャネルの靴を見つけて『これはどうか』と提案すると、彼女は『Cに関連のあるものは駄目。それはCが2つもあるじゃない』と言った。理由を尋ねたら、彼女は『カミラとチャールズのCだから』と答えた」

ロゴマークは嫌っていても、ダイアナはその後もシャネルを愛用し続けた。死亡するわずか数カ月前にウィンザー城で行われたウィリアム王子の堅信礼では、シャネルのアイスブルーのツイードスーツ(ボタンにはシャネルのCのロゴマークがついていた)を身に着けた。

一方、ダイアナと離婚したチャールズと2005年に再婚したカミラは、複数のシャネルバッグを所有している。なかでもカナダで持っていた「ココハンドル」は、これまでで最も多く公の場に登場しているものだ。

今年はエリザベス女王のプラチナ・ジュビリーの年であると同時に、ダイアナが1997年8月31日にパリでの交通事故で死亡してから25年の節目でもある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 2

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売