最新記事

韓国

偽物着用でNetflix出演。若い韓国人が高級ブランドに執着する切実な理由

2022年02月25日(金)17時55分
川和田周

Image via Netflix

<韓国ではどんどん若い層が高級品を購入しているが、実はそれほど収入はない。執着とまで見れるブランド嗜好の温床には「人生の満足感の欠如を補う」意味があるようだ>

プラダのバッグとルイ・ヴィトンのビキニトップ。それが彼女の鉄板アイテムらしい。Netflixの韓国リアリティ番組「シングルズ・インフェルノ」でブレイクしたソン・ジアは、どこのブランドか一目瞭然でわかるような、ロゴ入りのものなどわかりやすいアイテムで身を包んでいた。この世代の物質欲の象徴でもあるのだろう。また、その後の彼女の物語はSNSの危険性を警告するものでもある。

「シングルズ・インフェルノ」で名前が知れ渡る前、ソン・ジアは2019年から韓国でインフルエンサーとしてすでに成功を収めていた。世の中にインフルエンサーがあふれる中、彼女が成功した要因は、モデルのような顔立ちと華奢なのに出るところは出ているスタイルの良さだけではない。高級ブランドのアイテムで溢れたワードローブという武器をSNSで存分に振るっていた。

もともとインスタグラマーとして知られていたソン・ジアだったが、「シングルズ・インフェルノ」でさらに注目され、番組開始前に50万だったインスタグラムのフォロワー数は350万まで伸び、PR案件の値段は1投稿3万4,000ドル(約400万円)と報じられた。SNSからの新しいスターが誕生したように見えたが、それはほんの一瞬の栄華だった。

注目を集めすぎたソン・ジアは、番組出演の際に着用していたお気に入りのアイテムから、過去のインスタ投稿まで精査されてしまったのが運の尽き。インターネット上には、細かい情報をパズルのように組み合わせて、アイドルの匂わせ投稿や対象となる人やものを見破る「特定班」が存在する。ソン・ジアのアイテムの多くが偽物だったと明らかになるまでに大した時間はかからなかった。彼女のファン達はショックを受け、同時に裏切られたような気持ちになっただろう。

ソン・ジアは偽物のブランド品を使用していたことを認めインスタグラムで手書きの謝罪文を公開した。


高級品への執着

専門家によると、ソン・ジアのスターダムへ駆け上る速さと急激な転落劇は、韓国の若者の間で高級品への執着が高まっていること、そしてSNSの弊害を露呈しているという。

国際的な市場調査会社であるユーロモニターインターナショナルによると、2020年の世界の高級品売上高は17%減少したが、韓国はほぼ横ばいで、135億米ドル(約1兆5,600億円)となり、世界第7位の高級品市場に浮上した。コロナ禍で世界的に有名なバーバリー、ベルサーチなどは赤字に追い込まれたにも関わらず、だ。

韓国の小売業者は、近年の高級品の売れ行きが好調な要因は、従来のターゲットである中年層ではなく、若年層の買い手が増えたことだと考える。韓国の百貨店最大手の新世界百貨店は、2020年の高級品総売上高の半分以上が20代と30代によるものだったと明かしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    子どもの「自信」を育てられる親がすること、しない…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    テイラー・スウィフトの代表曲にちなんだ、元カレを…

  • 1

    【英王室】2人のプリンセスに愛されるデザイナー、ア…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    子どもの「自信」を育てられる親がすること、しない…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    「同じ色の服は着てはいけない」メーガン妃の訴えと…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    【英王室】ファッションに見る「現代のプリンセス」…

  • 4

    【英王室】2人のプリンセスに愛されるデザイナー、ア…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売