最新記事

不動産

『ティファニーで朝食を』の、ヘプバーンの部屋に今なら宿泊可能!

Holly’s Room for Rent

2021年11月05日(金)14時47分
レベッカ・フラッド

『ティファニーで朝食を』の一場面 EVERETT COLLECTION/AFLO

<名作『ティファニーで朝食を』で有名なあのアパートに、今ならレンタルで宿泊することができる>

ニューヨークを舞台にした映画は山ほどある。でも最高に素敵なのは、60年前の『ティファニーで朝食を』だろう。黒い長手袋に純白の真珠の首飾りを着け、髪をきちっとまとめたオードリー・ヘプバーンの姿は、今も世界中の人の記憶に焼き付いている(ちなみに原作はトルーマン・カポーティの小説だ)。

彼女の演じたホリー・ゴライトリーは夢多き奔放な女性で、お相手のポール・バージャクとは山あり谷あり。当時のティファニーに食事スペースはなかったから、彼女にできるのは窓越しにゴージャスな宝石類をのぞくことだけ。ふだんは古めかしいアパートに暮らしていて、その建物に出たり入ったりする場面は何度も映画に登場した。

室内のシーンはハリウッドで撮影されたらしいが、この建物自体はマンハッタンの東71丁目169番地にある。

そしてなんと、今はホリーが住んでいた部屋に泊まれるのだ。扱っているのはバケーション用の会員制賃貸物件サイト「インスピラート」で、もちろん安くはない。しかし、ヘプバーンの気分に浸れる豪華な家具もそろっている。

この業者は建物を「ヘプバーン」と命名し、「アッパーイーストサイドにあるヘプバーンは豪華なベッドルームが4つあるレンガ造りの建物です。この特徴的な外観はある有名な映画で使われました」と紹介している。

1910年に建てられた5階建て住宅で、たくさんの暖炉があり、日光浴のできる部屋もある。床面積は約415平方メートル。バスタブ付きの浴室が4つあり、中庭と2つのテラスにワインセラーと図書室も完備。以前は2世帯が入居できる物件だったが、今は改造されて一棟貸しになっている。

2010年代に740万ドルで販売

この物件は2010年代半ばに売りに出され、740万ドルの値が付いた。競り落とした不動産業者は当時、こう豪語していた。「ニューヨークの住宅街シーンが必要なときは、いつもこの建物が使われる。あの辺りを巡る観光ツアーでも定番の家だ」

インスピラートのサイトによれば、会費月額2500ドルのインスピラート・パス会員なら無料でこの建物に滞在できる。月額600ドルのクラブ会員でも、1泊ごとの追加料金を払えばOKだとか。

今年は『ティファニー』公開60周年の記念すべき年だから、しばらくは満室かも。

 2022080916issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年8月9日/16日号(8月2日発売)は「世界が称賛する日本の暮らし」特集。日本人が気付かない日本の魅力を16人に聞いた。パックン/アルトゥル/カン・ハンナ/レニック/本音座談会…

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    カーダシアンの顔になるため整形代60万ドル...後悔し…

  • 1

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別…

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売