失業者数は男性の4倍! パンデミックで女性はどれだけ損をしている?

A STAGGERING PRICE

2021年07月10日(土)14時59分
エミリー・ペック(ジャーナリスト)

210713P42BostonGlobe_PTJ_02.jpg

レイオフで空っぽになったオフィスを歩くマサチューセッツ州の企業オーナー DAVID L. RYANーTHE BOSTON GLOBE/GETTY IMAGES

代償を払うのは女性だけではない。パンデミックによる女性労働者の生産性の低下は、経済成長にも影響を与える。コンサルティング会社マッキンゼーの予測によると、この問題に何も対策を講じなかった場合、世界のGDPに与える影響は2030年までに1兆ドルに達する。

「労働人口に女性が足りないと、経済は本来の力を発揮できなくなる」と、スタンフォード大学の社会学者でジェンダー研究の第一人者であるマリアンヌ・クーパーは言う。「公衆衛生の世界的な緊急事態に、女性に自助努力を強いることの代償は、社会全体で引き受けることになる」

これほどまでに女性の労働力が流出した例は過去になかったと、女性政策研究所のC・ニコル・メイソン所長兼CEOは指摘する。

メイソンのグループが最近行った調査によると、アメリカの女性の10人に4人が新型コロナの影響で仕事を辞めるか、労働時間が減っている。昨年秋までに労働人口から外れた女性の人数は男性の4倍に上る。働いている女性の割合は最新の数字で57.2%。1988年以来の低さだ。

重くのしかかる3つの減少

全米女性司法センター(NWLC)の試算によると、20年2月以降に失われた女性の雇用が回復するまでには、現在の雇用回復ペースで28カ月かかる。4月の雇用統計で、男性の雇用は純増だったが、女性は純減。女性が1人離職するごとに男性が2.2人就業した計算になる。

NWLCによると、パンデミック発生以来約200万人の女性が労働市場から退出した(つまり、積極的に仕事を探さなくなった)。この数字を失業率に含めた場合、女性の失業率は5.6%から8.1%に上昇する。新型コロナ関連の失業で大きな打撃を受けた黒人やヒスパニック系の女性の場合は12%を超える。

雇用喪失が長引けば長引くほど、長期的な経済的損失は大きくなる。「女性がやむを得ず仕事を減らすことと、キャリアや昇進の間には直接的な関係がある。女性が離職すると、その期間にかかわらず収入に影響を与える」と、メイソンは言う。

育児のために女性がキャリアを中断した場合の損失を試算した研究がある。女性政策研究所の18年の発表によると、15年間のうち1年間仕事をしないだけで年収は39%下がる。

マドウィッツが16年に行った調査によると、中央値の賃金の26歳の女性が育児のために5年間休職すると、現在の収入、将来の賃金上昇、退職金の3つが目減りして、生涯所得が19%減少する。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

もうしばらく政治家として最善尽くす=世襲巡る質問に

ビジネス

米、8年連続でドイツの最大輸出相手国

ビジネス

日経平均は小反発、FOMC結果待ちで上値重い 半導

ビジネス

午後3時のドルは小幅高で130円前半、米FOMC結

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    子どもの「自信」を育てられる親がすること、しない…

  • 4

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 5

    テイラー・スウィフトの代表曲にちなんだ、元カレを…

  • 1

    「同じ色の服は着てはいけない」メーガン妃の訴えと…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    【英王室】ファッションに見る「現代のプリンセス」…

  • 4

    【英王室】2人のプリンセスに愛されるデザイナー、ア…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売