最新記事

英王室

ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

Why Prince Harry Had 'Mixed Emotions'

2021年04月30日(金)19時40分
キャサリン・アルメシン

ウィリアム王子(左)と和解の雰囲気がみられたというヘンリー王子(右) Leon Neal/Pool via REUTERS

<フィリップ殿下の葬儀のためイギリスに帰国したヘンリー王子だが、そこで心境に変化が生まれた様子だという>

4月17日に行われた故フィリップ殿下の葬儀に出席するため、イギリスに帰国していたヘンリー王子は、そこで1年以上ぶりに英王室メンバーたちと再会を果たした。20日には妻メーガンや長男アーチーが待つカリフォルニア州の自宅で戻ったヘンリーだが、イギリス滞在中には王室の家族たちとどう接していたのか。

ヘンリー王子の伝記の筆者でもある王室専門家のダンカン・ラーコムが英メディア「Closer」に語ったところによれば、ヘンリーは父や兄、さらには女王と「平和的な話し合い」を持っていたという。そしてアメリカに戻る際には、これまで以上の複雑な感情を抱えていたという。

「情報によれば、ヘンリーはロサンゼルスに戻るときには頭が真っ白になるような状態だったようだ。それは、葬儀の時の彼の表情を見ても伺える」と、ラーコムは語っている。「彼は、これほど早く家族と向き合わざるを得なくなるとは考えていなかったのだ。そして、それが現実になると、複雑な感情を持ったということだ」

「父やウィリアムとの話し合いは前向きで生産的なものだったようだ。(アメリカに)戻る前には本音で語り合えた。実家に帰ったことで、彼がこの数年間、犠牲にしてきたことのすべてと、最近の「ダメージ」を思い起すことができた」

夫妻に感情のすれ違いが生まれる?

さらにラーコムは、米カリフォルニア州に移住してNetflixなどと巨額の契約を交わしたヘンリー&メーガン夫妻の将来についても語った。「メーガンは本領を発揮している。彼女はテレビや映画に出演する女優だったし、ロサンゼルスで育った。現在は意気揚々という感じだろう。彼女の夢はいつもロサンゼルスにあった」

そのため、メーガンの「将来について興奮している」気持ちと、ヘンリーの「過去を懐かしがる」気持ちが「2人の間に緊張を引き起こす可能性は高い」とラーコムは言う。「彼の立場は非常に難しい。これからは厳しい状況になるかもしれない」

ニュース速報

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

ビジネス

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算で

RANKING

  • 1

    ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した…

  • 2

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    収容キャンプで暮らす「イスラム国」女性たちのスレ…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    永遠の妖精オードリー・ヘプバーン スイスの極小美術…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 5

    ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した…

  • 1

    IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    ブリトニー・スピアーズの後見制度はやりすぎでは? …

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    さらばビクトリアズ・シークレットのエンジェルたち…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売