最新記事

アメリカ社会

マスク論争で露呈した、アメリカを崩壊させるナルシシズムのパンデミック

2020年09月29日(火)16時20分
船津徹

Carminooch13-iStock

<頭ではマスクの重要性を理解できても、アメリカ人はなぜマスクを着けないのか----「自由の精神」とナルシシストと自尊心の関係>

ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国での新型コロナウィルス感染者数は710万人、死者数は20万4千人(9/28現在)を超え、共に世界最多となっています。

アメリカが世界一のコロナホットスポットとなってしまった背景として、トランプ政権のリーダーシップの欠如、地方分権の弊害(州や地域ごとに異なるコロナ対策)、経済格差(マイノリティーの感染率が高い)などがあげられています。しかしアメリカが感染をくい止められない根本的な理由は「自由と勝手の履き違い」にあるように思えてなりません。

アメリカ人が何よりも大切にする「自由の精神」はピューリタン(清教徒)が自由を求めてイギリスからアメリカに渡ってきた建国当初から今も変わらず生き続けています。アメリカで育つ子どもたちは、家庭、学校、地域社会において「個人の自由を尊重すること」「強い個人を確立すること」を叩き込まれて成長していきます。

レジで次の客を考える日本人、おしゃべりをするアメリカ人

アメリカで生活したことがある人は、お店のレジやホテルの受け付けで長々とおしゃべりをするアメリカ人にイラッとした経験があるのではないでしょうか。日本人であれば後ろで待っている人が気になってお喋りを楽しむことなどできません。ところがアメリカ人は他人のことはお構いなしなのです。

人が待っていようがいまいが、自分が会話をしたいからする。まず「自分がどうしたいか」が思考の中心にどっしりと根を張っているのです。これは子育てや教育による産物であり、さらに言えば、自分を優先する「強い個人」を鍛えることが必要だからです。人のことを気にして譲っているようでは、競争が激しいアメリカ社会では生き残ることができないのです。

アメリカでは個人が個人の能力を最大限に発揮することで経済が活性化し、社会が発展すると考えられています。「強いアメリカ」を支えているのは「強い個人」なのです。「自由の精神」は政府や権力による個人への介入を拒絶する国民性につながっています。アメリカ人は「ああしろ」「こうしろ」と人から言われることを極端に嫌うのです。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ロシュ、抗体抗がん剤複合体への投資拡大に懐疑的=C

ビジネス

再送-東芝あす株主総会、取締役選任案 アクティビス

ワールド

米ファイザー改良ワクチン、オミクロン株への免疫反応

ビジネス

ガルーダ・インドネシアの債務再編計画、裁判所承認

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売