最新記事

心理学

10歳頃まで続く子供たちのある特徴は単なる「でたらめ」ではない

Bribes Wonʼt Work

2020年09月08日(火)17時50分
ケリー・ウィン

すぐに得られる報酬よりも子供はいろいろ試して探索したい MARTIN-DM/ISTOCK

<報酬より好奇心を満たす方法を選ぶという研究が...>

世の親たちよ、キャンディーやキラキラシールとはもうおさらばだ。世間で信じられているほど子供はご褒美が好きなわけではないし、わが子に良い行いをさせるにはもっといい方法がある−-そんな新研究が発表されたのだから。

オハイオ州立大学などの実験によれば、子供は目の前の報酬に飛び付く前に、あらゆる選択肢を試してみようとする傾向が強い。実験はこんなふうに行われた。複数の子供と大人に、ゲームをしてもらう。キャンディーを持った4人のエイリアンが現れ、その中から1人のエイリアンを選ぶことを繰り返し、最後に合計で最も多くのキャンディーを獲得していた人が賞品をもらえる、というものだ。

単純過ぎる? 確かに、大人たちはそう思った。大人は法則を見極め、86%の頻度で一番多くのキャンディーを持つエイリアンを選んだ。

だが、子供は違った。報酬は求めずに、他の方法を試してみようとする場合が多かった。最もキャンディーを持っているエイリアンを選ぶのは、ほんの43%程度だった。

だからといって、子供たちがルールを誤解しているわけではない。むしろ彼らは、最も明白なパターン以外の可能性を調べようとしていた。

どうやら、子供生来の好奇心や、あらゆる手段を用いて身の回りの世界の情報を得ようとする性質に理由があるようだ。「子供にとって、探索は報酬以上に何よりの原動力になる」と、オハイオ州立大学のウラジーミル・スラウトスキー教授(心理学)は言う。

報酬より探索を重視するのは、子供ならではの特徴だとスラウトスキーは言う。「生涯で、自分の行動により生じる経済的な結果を気にする必要のない唯一の時期にいるからだ」。この傾向は9~10歳頃まで続くと彼は考えている。

「大人の目には、子供が当てもなく走り、棚を引っかき回し、でたらめに物を手にしているように見えるかもしれない」と、スラウトスキーは言う。「彼らの探索はでたらめなどではないようだ」

【参考記事】子供だってコロナストレスを感じている

20200915issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。

[2020年9月 1日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の…

  • 1

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    1Dはグループとしてシングル1位になれなかったのに..…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 4

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!