最新記事

心理学

10歳頃まで続く子供たちのある特徴は単なる「でたらめ」ではない

Bribes Wonʼt Work

2020年09月08日(火)17時50分
ケリー・ウィン

すぐに得られる報酬よりも子供はいろいろ試して探索したい MARTIN-DM/ISTOCK

<報酬より好奇心を満たす方法を選ぶという研究が...>

世の親たちよ、キャンディーやキラキラシールとはもうおさらばだ。世間で信じられているほど子供はご褒美が好きなわけではないし、わが子に良い行いをさせるにはもっといい方法がある−-そんな新研究が発表されたのだから。

オハイオ州立大学などの実験によれば、子供は目の前の報酬に飛び付く前に、あらゆる選択肢を試してみようとする傾向が強い。実験はこんなふうに行われた。複数の子供と大人に、ゲームをしてもらう。キャンディーを持った4人のエイリアンが現れ、その中から1人のエイリアンを選ぶことを繰り返し、最後に合計で最も多くのキャンディーを獲得していた人が賞品をもらえる、というものだ。

単純過ぎる? 確かに、大人たちはそう思った。大人は法則を見極め、86%の頻度で一番多くのキャンディーを持つエイリアンを選んだ。

だが、子供は違った。報酬は求めずに、他の方法を試してみようとする場合が多かった。最もキャンディーを持っているエイリアンを選ぶのは、ほんの43%程度だった。

だからといって、子供たちがルールを誤解しているわけではない。むしろ彼らは、最も明白なパターン以外の可能性を調べようとしていた。

どうやら、子供生来の好奇心や、あらゆる手段を用いて身の回りの世界の情報を得ようとする性質に理由があるようだ。「子供にとって、探索は報酬以上に何よりの原動力になる」と、オハイオ州立大学のウラジーミル・スラウトスキー教授(心理学)は言う。

報酬より探索を重視するのは、子供ならではの特徴だとスラウトスキーは言う。「生涯で、自分の行動により生じる経済的な結果を気にする必要のない唯一の時期にいるからだ」。この傾向は9~10歳頃まで続くと彼は考えている。

「大人の目には、子供が当てもなく走り、棚を引っかき回し、でたらめに物を手にしているように見えるかもしれない」と、スラウトスキーは言う。「彼らの探索はでたらめなどではないようだ」

【参考記事】子供だってコロナストレスを感じている

20200915issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。

[2020年9月 1日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ワールド

再送-情報BOX:バイデン政権の閣僚・要職候補者の

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月速報値は前年比ー0.3% 4

ワールド

菅首相と小池都知事、高齢者などのGoToトラベル自

ビジネス

イタリア成長率、第3四半期は前期比+15.9% 回

RANKING

  • 1

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    死産の経験をシェアした芸能人を叩く人たちが知らな…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!