最新記事

都市封鎖解除

新型コロナの封鎖緩和したスイス 繁華街でもマスクせず、感染予防は消毒液で

2020年05月18日(月)12時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

チューリヒの繁華街。マスク姿は少数派だ(5月12日、撮影=筆者)

<マスクをしているのは感染者、そんなイメージの強い欧州での都市封鎖解除は──>

ヨーロッパでは、少しずつロックダウン(都市封鎖)が緩和されている。スイスでも、6週間経った4月下旬に園芸店など一部の商店が再開され、5月11日からは第2ステージとして、ほとんどの商店(レストランやカフェも)が営業を始めた。

幼稚園や小・中学校の子供たちも休園・休校が終了した。ただし、テレワークを続けている人もまだ多いとみられる。

隣国オーストリアは、公共の場所(とくに屋内)でのマスク着用が義務化されたが、スイスは外出の際のマスク着用は義務ではない。義務ではないからしなくていい、と考える人たちは相当多いようで、チューリヒ市街ではマスク姿の人をあまり見かけない。

マスク姿の人が、とにかく少ない

ルイ・ヴィトンのチューリヒ店の前には買い物客の列ができた。

コロナス疲れ解消のためか、ルイ・ヴィトンのチューリヒ店の前には買い物客の列ができた。マスク姿の人は皆無だった(撮影筆者)

商店が再開した翌12日、チューリヒ中央駅付近を歩いてみた。町行く人の数は、ロックダウン前と比べてまだ少ない。店が開いたとはいえ、買い物や外食をしようと、即、大勢が繁華街へ行くとはやはり思えない。近郊の町に住む筆者の周りでも、「人が多いチューリヒ市街へ行くのはもう少し待ちたい」という声が多い。

驚いたのは、マスクをしている人が少ないことだ。あくまでも筆者の見積もりに過ぎないが、マスクをしているのは歩いている人たち全体の5~10%といったところ。もっといるのではと思っていたのだが。撮影のため、マスク姿の人を探さないといけなかった。ガラスのドア越しに見える各商店の店員たちがマスクをしているのと対照的だった。

筆者はマスクをしていたが、着用しているほうが大袈裟なのだろうかという気持ちになりかけた。

ニュース速報

ワールド

米NY州、4日から一部地域でレストラン営業へ 経済

ワールド

焦点:制圧へいら立つトランプ大統領、連邦軍動員は法

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ビジネス

ナスダック最高値に接近、景気回復期待押し上げ

RANKING

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!