最新記事

都市封鎖解除

新型コロナの封鎖緩和したスイス 繁華街でもマスクせず、感染予防は消毒液で

2020年05月18日(月)12時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

チューリヒの繁華街。マスク姿は少数派だ(5月12日、撮影=筆者)

<マスクをしているのは感染者、そんなイメージの強い欧州での都市封鎖解除は──>

ヨーロッパでは、少しずつロックダウン(都市封鎖)が緩和されている。スイスでも、6週間経った4月下旬に園芸店など一部の商店が再開され、5月11日からは第2ステージとして、ほとんどの商店(レストランやカフェも)が営業を始めた。

幼稚園や小・中学校の子供たちも休園・休校が終了した。ただし、テレワークを続けている人もまだ多いとみられる。

隣国オーストリアは、公共の場所(とくに屋内)でのマスク着用が義務化されたが、スイスは外出の際のマスク着用は義務ではない。義務ではないからしなくていい、と考える人たちは相当多いようで、チューリヒ市街ではマスク姿の人をあまり見かけない。

マスク姿の人が、とにかく少ない

ルイ・ヴィトンのチューリヒ店の前には買い物客の列ができた。

コロナス疲れ解消のためか、ルイ・ヴィトンのチューリヒ店の前には買い物客の列ができた。マスク姿の人は皆無だった(撮影筆者)

商店が再開した翌12日、チューリヒ中央駅付近を歩いてみた。町行く人の数は、ロックダウン前と比べてまだ少ない。店が開いたとはいえ、買い物や外食をしようと、即、大勢が繁華街へ行くとはやはり思えない。近郊の町に住む筆者の周りでも、「人が多いチューリヒ市街へ行くのはもう少し待ちたい」という声が多い。

驚いたのは、マスクをしている人が少ないことだ。あくまでも筆者の見積もりに過ぎないが、マスクをしているのは歩いている人たち全体の5~10%といったところ。もっといるのではと思っていたのだが。撮影のため、マスク姿の人を探さないといけなかった。ガラスのドア越しに見える各商店の店員たちがマスクをしているのと対照的だった。

筆者はマスクをしていたが、着用しているほうが大袈裟なのだろうかという気持ちになりかけた。

ニュース速報

ワールド

コロナ変異株、面的な広がりないがしっかり監視する=

ワールド

入院勧告拒否への罰則、悪質な事例発生が背景=官房長

ワールド

米上院外交委、ブリンケン国務長官を承認 26日に本

ワールド

必要な医療体制できていない、国民が不安に感じている

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    孤独と脳の関係──想像を司る部分が発達、認知症リス…

  • 3

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!