最新記事

インターネット

こうして悪は栄える──コロナの裏でカネの流れるデマサイト

How Misinformation Pays

2020年04月24日(金)16時35分
ギャビー・ドイチ(ニューズガード記者)

人々の恐怖心に付け込み偽りの希望を与える悪徳サイトが蔓延(写真はイメージ) ljubaphoto-iStock

<怪しい健康関連製品を売ったり、広告料で儲けたり──感染拡大の陰で偽情報サイトにカネが流れている>

奇跡の特効薬などあり得ないと知りつつも、もしかしたら......と思ってしまうのが人情。そこに付け込んで、インチキ薬でがっぽり稼ごうとする悪党がいるのも世の常。新型コロナウイルス感染症の場合も例外ではない。米英仏独伊の5カ国だけで少なくとも160のウェブサイトが、新型コロナウイルスについての偽情報を堂々と掲載し(詳しくはnewsguardtech.comを参照)、言葉巧みに消費者をだまして利益を上げている。

このニューズガード(筆者はそのスタッフ)が把握した限りでも、アメリカでは少なくとも8つのサイトが新型コロナウイルスに有効と称する製品を売り出している。

あるサイトは「ココナツ油が新型コロナウイルスを破壊する」という根拠不明な主張を掲げ、ココナツ油の広告を添えていた。別のサイトでは「コロナ撃退用」の空気清浄機を販売していた。ケルセチンという抗酸化物質が免疫力を強化するとうたい、それを販売するサイトもあった。

根っからの陰謀論者アレックス・ジョーンズが主宰するサイト「インフォウォーズ」は、このチャンスを逃すまいと都市封鎖に備えた備蓄食料を大々的に売り出している。彼は新型コロナウイルスに効くという歯磨き粉などの怪しい健康関連製品も販売し、アマゾンでも全て入手可能だ。

一方、いかにも体に良さそうな名の「ナチュラルニュース・ドット・コム」は54ものドメイン名を使い分け、堂々と虚偽かつ有害な偽情報をばらまき、読者の恐怖心をあおっている。最近の記事では、カリフォルニア州サクラメント郡の当局が故意に新型コロナウイルスを拡散させたと主張していたが、その脇には「軍隊仕様」のマスクを売る広告が出ていた。

ただしEU圏では、ここまで悪質なマーケティング活動はやりにくい。EU規則により、サプリ類の販売業者が提供する健康情報は広く一般に受け入れられた科学的データに基づき、かつ実証されていることが求められる。もちろん新型コロナウイルスに関しては、科学的裏付けのあるサプリなどまだ存在しない。

アルゴリズム広告も加担

しかし、自分でフェイク商品を売らなくても稼ぐ方法はある。今は有力企業が特殊なアルゴリズムを使って無数のサイトの記事を解析し、関連のありそうなところに自動的に広告を出している。だから嘘でも健康記事を載せていれば、広告収入を稼げる。

例を挙げると、NPO米国エイズ協会の広告が、有力保守系サイト「レッドステート・ウオッチャー」のインチキ記事に表示された。ある偽情報サイトに、バックパックの有名ブランドの広告が紛れ込んだこともある。

これぞまさに、インフォデミック(偽情報のパンデミック=世界的拡散)。かくして悪は栄えるのだ。


20200428issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

[2020年4月21日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米ハイテク株主導で続伸、ダウ週間で4週連続値下がり

ビジネス

ドル上昇、週間では4月上旬以来の大幅な値上がり=N

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット判事を指名意

ワールド

パリ刃物襲撃で2人負傷、シャルリエブド元本社前 テ

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 4

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 5

    「英語下手」だった韓国人の英語力が向上したワケ

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!