最新記事

新型コロナウィルス

コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わるパートナー関係

2020年04月02日(木)19時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

みんな負担...別れるカップルが増えるかも

オーストリアの日刊紙Der Standardでも、関係悪化の予防について、カップルアドバイザーのSandra Teml-Jetterが説明している。Teml-Jetterは、今回の大流行中、または鎮静後、非常に多くのカップルが別れる可能性はもちろんあると指摘。この別離は今回に限ったことではなく、クリスマスやほかの休暇でも起こり得る。一緒に過ごす時間が増えて、互いの欠陥が見えるようになるからだ。ただ今回の非常事態では、在宅ワークになって狭い空間(家)にいるため、衝突が起きる可能性が高まるとしている。

「多くの人が、非常事態での"新しい接近"を負担に感じています。1番大事なことは、普段よりゆっくり考え、ゆっくり話すことです。感情的になると、口走ったり、和を壊したりしてしまいます。そして、相手はなんでもかんでも個人的に責めているのではないと考えるべきです」

Teml-Jetterがすすめる具体的な予防のしかたは以下だ。

1.音楽を大音量にし、一緒に激しく踊る――嫌な気持ちを振り払うことができる。
2.抱き合って、相手の鼓動や温かみを感じる――心身を落ち着かせることができる。
3.毎晩、ロウソクを灯して15分話す。1日の出来事や、いま考えていることを尋ね合う。

方法は、まだまだ沢山ある。月間ユニークユーザー数500~600万人の、ドイツで女性に人気のサイトgofeminin.de では、こんな方法を挙げている。

1.チームでいられることに感謝する――恋人がいない人や高齢者など1人でいる人もいる。パートナーがいて、助け合い励まし合えることは、とても幸せなのだ。
2.コロナ以外の話題についても話す――感染状況について知ることは大切だが、ほかのことも話さないと、気が変になってしまう。ユーモアを忘れずに!
3.家でも体を動かす――体を動かすと、ストレス解消になる。
4.ほかの人に連絡する――会うことができなくても、友人や知人などに電話しよう。パートナーに精神的によりかかることも少し軽減される。 
5.セックスしよう(体のふれあい)――感染の危険性がそこらじゅうにあるとはいえ、ロボットのように生活することは馬鹿げている。

セックスの回数増、ベビーブームが来る?

セックスといえば、非常事態で、ドイツでは(またスイスでも)コンドームの売り上げが急に増えたと報道されている。冒頭のアンケート調査では、同居しているカップルの5組に1組が、セックスの回数が増えたと答えている。カップルアドバイザーのMartin Jurockは、「セックスは健康的であることが知られています。ですから、この非常事態で、より多くのセックスが行われる可能性は高く、これはポジティブな影響となるでしょう」と話す。

【参考記事】国際結婚のダークサイド 夫に親権を奪われそうになった日本人妻の告白

ニュース速報

ワールド

米、ファーウェイCFOの帰国認める取り決めを協議中

ワールド

新型コロナ第2波、経済への影響は予想以上=カナダ財

ビジネス

アングル:中国銀行セクター、第3四半期の減益率縮小

ビジネス

米国家経済会議次期委員長にディーズ氏、環境・雇用対

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    欧州で議論呼んだスイスのスキーシーズン開幕 予約…

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    死産の経験をシェアした芸能人を叩く人たちが知らな…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!