最新記事

子育て

コロナ禍の今こそ「本質を見抜く力」を子どもに 思考力を高めるオープンエンドの質問が効果的

2020年03月17日(火)12時35分
船津徹

情報にのまれず、最適の問題解決を導き出す力が求められている(写真はイメージ)LightFieldStudios-iStock

<新型コロナウィルス感染拡大への不安は、休校の当事者である子どもたちがよく感じています。具体的に何が怖いのか、どうしたら予防できるのか、重症に陥る可能性はどの程度なのか──。言語化してあげることで漠然とした不安を軽減できます>

新型コロナウィルスの感染拡大で世界中がぎくしゃくしています。アメリカでもアジア人差別やマスクやトイレットペーパーの買い占め(さらに弾薬の買い占めも!)など、過剰な自己防衛へ向かう人が増えています。

このような危急の時は子どもに「本質を見抜く力」を教えるチャンスです。どうしたら新型コロナウィルスを予防できるのか?どうしたら感染拡大を防ぐことができるのか?どうしたらフィエイクニュースを見抜くことができるのか?親子の対話を通して子どもの「考える力」の育成に目を向けてみてください。

21世紀に求められるスキルとは?

2016年に「World Economic Forum」が発表した「2020年に必要なスキル」によると、1位は問題解決力、2位はクリティカル・シンキング、3位は創造力と、全て「考える力」に関わるスキルでした。

3つの思考スキルの中で私が最も注目しているのはクリティカル・シンキングです。高度に情報化が進んだ現代社会で賢く生きていくためには、情報を取捨選択し、自分の学習や問題解決に活かしていく能力が求められます。

学校教育においても情報媒体を使いこなしたり、インターネットを活用する「情報活用能力」の重要性が増してきていますが、その一方で、子どもたちが氾濫する情報に翻弄されてしまうこと、情報にコントロールされてしまうことが危惧されています。

情報を鵜呑みにせず、多面的に検証し、真意を見抜き、最適な答えを導き出していく思考スキルをクリティカル・シンキングと呼びます。クリティカル=批判的という言葉には「揚げ足取りの思考」という印象がつきまといますが、その本質は「情報を正しく読み取り合理的な問題解決を導き出す思考法」です。

インターネットには新型コロナウィルスに関する情報が氾濫しています。この機会を利用して、子どもと一緒に情報の本質を見極め、自分にとって最適の問題解決を導き出す思考=クリティカル・シンキングを学ぶきっかけとしてみるのはいかがでしょうか。

ニュース速報

ワールド

WTO事務局長、コロナワクチン増産と公平分配の必要

ワールド

原油先物は反落、米在庫の減少で下値堅い

ワールド

インドとパキスタンが極秘会合、カシミール地方の緊張

ビジネス

米ウーバー、9月中旬までにオフィス勤務再開へ

RANKING

  • 1

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本…

  • 1

    アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 4

    外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本…

  • 5

    一日10食、20キロ増......「美しく」なりたいアフリ…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    誰が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか

  • 3

    アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

  • 4

    警官として助けた女の子を家族として愛するまで

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売