注目のキーワード

最新記事

動物

国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

2020年01月27日(月)20時50分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

Celia Arnelas-iStock

<柴犬人気はドイツ、フランス、イギリス、アメリカなどでも根付いている。人気は安定し、ペット産業が栄え、獣医の仕事も充実してきたが......>

イギリスの有名なドッグショーで、柴犬絶賛

柴犬の人気が、ヨーロッパでも定着している。柴犬は日本語と同じで「Shiba Inu」と呼ばれ、先日、犬を飼っているドイツ人と話していたら、「いまは雑種だけれど、今度は絶対に日本の犬、Shiba Inuを飼いたい」と言っていた。

柴犬は、2013年にインターネット上で画像が大ブレイクし、柴犬がモチーフの暗号通貨も作られているが、品格があって賢く忠実で、何より愛らしくて、ペットとしてはそれ以前から注目されていた。

世界最初のケネルクラブ(血統書の発行、犬の飼育指導、ドッグショー開催などが業務の愛犬団体)であるイギリスのザ・ケネルクラブによると、イギリスの柴犬の出生登録数は1980年代後半から急増している。1985年のわずか5匹が、10年後の1995年には190匹に膨れ上がった。その後はゆるやかに増加し、2014年は219匹だった。

ザ・ケネルクラブでは、柴犬が大きな注目を浴びたことがある。同クラブが主催する100年以上の歴史を誇る世界最大級のドッグショー「クラフツ」でのことだ。イギリスのテレビ公開オーディション番組にちなんでタレント性の高い犬を称えようと、2012年に同ドックショーで「クラフツ・ファクター」コンテストを設けた。ビデオ選考後、本選がショー開催中に行われ、4匹の中で柴犬エリー(メス)が勝ち抜いた。

エリーが器用に歩いたり、太鼓をたたくパフォーマンスに会場からは歓声や拍手がわき、審査員の1人(キャスター兼犬のトレーニングや栄養指導家兼コラムニスト)は「とにかく、すごいです、この訓練はものすごく難しいですよ。こんなことができるなんて信じられないです」と興奮しながら絶賛した。

200127-shiba-nnw-001.jpg

会場を沸かせるエリー Delphine Marzet-Lécuyer-YouTubeより

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

訂正-ロシア軍、黒海の蛇島から撤退=ウクライナ

ワールド

英政府、付加価値税引き下げ提案 家計支援へ=タイム

ワールド

ウクライナ、EUに電力輸出開始 ロシア依存脱却を後

ワールド

英首相、中国に香港巡る公約順守求める 返還25年で

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    英王室がサインをしない理由

  • 3

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売