最新記事

ヘルス

「エピペン」に代わる錠剤投与で食物アレルギー患者を注射器から解放

No More Needles

2019年12月25日(水)17時45分
ニューズウィーク日本版編集部

エピネフリンの微小結晶化に成功。錠剤の投与で注射並みの薬効を実現した(写真はイメージ) Юлия Чернышенко-iStock

<怖いアナフィラキシー・ショックを速攻で治療。保存性と携帯性抜群の錠剤で応急処置が可能になった>

現在、食物アレルギーに苦しんでいる人々は世界で推定2億4000万人に上る。患者はアナフィラキシー(短時間で全身に出る重いアレルギー反応)が起きた場合に備えて、注射器を肌身離さず持ち歩かなければならない。

アナフィラキシーの有効な治療薬はエピネフリンのみ。一刻も早い応急処置が必要だが、現状では「エピペン」と呼ばれる注射器での自己注射以外に方法がなく、子供や注射針が怖い患者にとって障害になっている。そこで薬学者のムタセム・ラワスカラジは「エピペン」に代わる画期的な方法を考案した。エピネフリンの錠剤を投与するのだ。

NW_SAG_02.jpg

ムタセム・ラワスカラジ COURTESY OF MUTASEM RAWAS-QALAJI

新たに開発された錠剤は舌下投与で素早く吸収され、従来の注射器タイプよりも長期間常温保存ができる。おかげで迅速な治療がしやすくなり、多くの患者の命を救えそうだ。

NW_SAG_03.jpg

COURTESY OF MUTASEM RAWAS-QALAJI

開発したラワスカラジに本誌ノア・ミラーが話を聞いた。

――エピネフリンの錠剤は革新的なものか。

そのとおり。アナフィラキシー治療を変えるだろう。

――解決すべき問題とは?

エピネフリンを注射するのを不安に思う患者もいる。再注射の必要がある場合はなおさらだ。一部の患者は常に注射器を携帯しなければならない。注射器はかさばるし、薬液は熱に弱い。自己注射には問題が多い。

ニュース速報

ビジネス

米雇用の伸び鈍化「一過性」、再開の複雑性反映=シカ

ビジネス

英、イングランドのコロナ抑制緩和へ 店内飲食など再

ビジネス

「金もうけが目的」、米パイプライン攻撃のハッカー集

ワールド

インド型コロナ、世界的に懸念される変異株に指定 4

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 3

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 3

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売