最新記事

動物

事故から生還した「義足」の「バイオニック・キャット」

2019年12月18日(水)16時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Instagram-@ vituzzosuperstarより

イタリアで、新たなスターが生まれているという。映画俳優でもコメディアンでもモデルでもない、「バイオニック・キャット」だ。

バイオニック・キャットとして知られているのは、ミラノに住む猫のヴィート(6)。BBCによると、昨年12月、飼い主のカップルが新婚旅行のため留守にしていたときに悲劇は起きた。街中でヴィートが車に跳ねられてしまったのだ。

動物病院に運ばれたヴィートの状態は深刻で、医師は感染の拡大を防ぐために両後肢の切断を余儀なくされた。ニューヨーク・ポストによると、このように四肢を切断された猫はだいたい安楽死させられるという。

しかし、飼い主の夫婦は諦めなかった。帰国後にヴィートの元に駆けつけ、義肢を装着することを選択した。これまでもアメリカやイギリスで動物に義肢・装具を装着するケースはあったが、大腿骨に義肢を直接挿入する複雑な手術はイタリアで初めてのケースだった。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、対中貿易制限に難色 「中国に米製エンジ

ビジネス

ユーロ圏財務相、財政支出拡大の方向で一致 ドイツが

ビジネス

米金利水準「おおむね適切」、新型肺炎はリスク=ダラ

ビジネス

英就業者数、10─12月も力強い伸び 賃金は減速

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    「47.2歳が人生で最悪」説を経験談から大検証してわ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!