最新記事

コーヒー

ホンジュラスのコーヒーは歓迎されても人間は追い返される──知られざるコーヒー危機

Root Cause

2019年11月26日(火)16時45分
シャンタル・ダシルバ

ホンジュラスのコーヒー農園 TOMAS AYUSOーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<缶コーヒーからスタバのラテまで、世界中で愛されるコーヒーの世界屈指の原産地ホンジュラスを襲う植物病と価格下落の深刻度>

14歳のホルマン・ペレス・ロペスが、ホンジュラス西部の町コルキンの自宅をこっそり抜け出したのは、昨年11月の早朝のこと。家族には行き先も、別れも告げていない。つらくてとても無理だった。

だが、父親のフリオ・ペレスには、息子がどこに向かったのか分かっていた。「多くの人が出ていった」と、ペレスは自宅のポーチで語った。目の前にはコーヒー農園が広がる。その向こうには同じような家が数十軒見える。だが、どれも空っぽだ。

「少なくとも80世帯が出ていった」とペレスは言う。「何もかも失って、そうするしかなかったのだ。私たちも今、同じ状況にある」

NW_HON_03.jpg

ペレス父子 GETTY IMAGES, CHANTAL DA SILVA

コルキンの多くの住民と同じように、ペレス家は何代にもわたり、コーヒー豆を生産して生計を立ててきた。だが、世界的なコーヒー豆の価格低迷と、さび病(植物病の一種で、コーヒー豆の生産を数年不可能にする)の流行で、多くの家が多額の借金をしてでも踏みとどまるか、この土地を出るかの選択を迫られた。

ぺレスの息子が選んだのは後者だ。父親と同じ道をたどっても未来はない。アメリカに行けば仕事があるはずだ。その稼ぎを故郷に送れば家族の生活の足しになるだろうと考え、ホルマンはアメリカを目指すことにした。

だが、グアテマラとメキシコの国境を流れる川を渡った所で、メキシコの移民当局に捕まり、ホンジュラス行きのバスに乗せられてしまった。「もっといい生活がしたかった」と、彼は振り返る。「家を出るのはつらい決断だったけれど、故郷には幻滅していた。仕事があるとは思えなかった」

実際、コルキンのコーヒー農園の多くには仕事がない。さび病の流行で、生産が大幅に縮小しているからだ。

ホンジュラスをはじめとする中南米諸国では、2012年にさび病が大流行。コーヒー豆の生産が最大80%減少し、 推定170万人が仕事を失った。既に立ち直った地域もあるが、コルキンは違う。地域全体での対策がほとんど取られていないことと、コーヒー豆の価格低迷が原因だ。

さび菌に感染したコーヒーの木が1本見つかると、農園全体が感染リスクにさらされる。感染した木は、葉が落ちて豆が育たない。植え替えても、新しい苗木が実をつけるまでには早くて4年かかる。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者107

ワールド

香港警察、抗議デモの警官襲撃事件巡り男を逮捕

ワールド

インサイト:「院内感染」の重い代償、医療現場で続く

ビジネス

欧州証券取引所連合、LSEの取引時間短縮案を拒否

RANKING

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 4

    ガガ様の最新アルバムを全曲採点!

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!