最新記事

サイエンス

祖先から引き継いだ衝動? 若者の危険行動は生存本能かもしれない

Teen Risk-Taking:A Good Thing?

2019年11月06日(水)17時40分
ニューズウィーク日本版編集部

若者たちが好む危険な状況と、若者たちを餌食とさせる経験不足は区別したほうがいいかもしれない。だが、どちらも生き抜けば将来的に身の安全を守る効果をもたらす。

若いコウモリは、天敵のフクロウに向かって飛んでいくことがある。まるでスリルを追い求めているかのように。

だがパナマにあるスミソニアン熱帯研究所(STRI)の研究者らの観察では、コウモリはいたずらにスリルを求めているわけではない。このように若い個体が危険なものから逃げるのではなくわざわざ近づいていく振る舞いを、生物学者は「対捕食者行動」と呼ぶ。野生の魚や鳥、哺乳類の若い個体に広く見られるもので、将来のために非常に重要な意味を持つ。

こうした行動を通して若い個体は、捕食者に関する極めて重要な情報を手にする。敵の戦略がどんなものか分かれば、将来にわたって食われずに済むかもしれない。

何より危険なのは過保護?

若い個体にそうした行動を取らせるのは、青年期に起きるホルモンと脳の変化だ。人間を含むいかなる動物の脳にも、自らの生存率を引き上げるような行動を取るとそのご褒美として快感を得られるというシステムがある。そして若い個体の脳は、対捕食者行動のような非常に重要な安全にまつわる学びに対し、とても強い快感を与えるようにできている。

危険との遭遇という「教育的効果」を経て、動物の若い個体はより安全に、より自信を持って暮らせるようになる。人間の若者が禁忌を犯すことに夢中になるのも、捕食者と向かい合いたいという祖先から引き継いだ衝動なのかもしれない。

ホラー映画の観客やジェットコースター待ちの行列が若者ばかりなのも、若者の脳が恐怖から受け取る強い快楽によって説明づけることができる。薬物依存症や癌、テロ、銃撃などによる死を描くヤングアダルと向け小説の読者は、実際に危害を加えられることなく命に関わる危険を体験することができる。これも祖先の対捕食者行動の名残だ。

確かに親が目を配っていれば、目先の危険から子供を守ることはできるかもしれない。だが一方で、経験不足のままでいることの危険もある。私たちの研究から分かるのは、若者は多少なりとも危険にさらされる必要があるということ。そして何より危険なのは、親の過保護かもしれないということだ。


20191112issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月12日号(11月6日発売)は「危ないIoT」特集。おもちゃがハッキングされる!? 室温調整器が盗聴される!? 自動車が暴走する!? ネットにつなげて外から操作できる便利なスマート家電。そのセキュリティーはここまで脆弱だった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ドイツと中国、自動車データ共有に関する共同宣言に署

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株先物しっかりで切り返す 

ワールド

米・イタリア、誤情報対策で協力 ロシア念頭に新たな

ワールド

豪就業者数、3月は予想外の減少 失業率3.8%に上
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    ロックンロールの帝王を捨てた女性の物語、映画『プ…

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「SNSで話題の足裏パッドで毒素は除去されない」と専…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 2

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 4

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:老人極貧社会 韓国

特集:老人極貧社会 韓国

2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる