最新記事

Z世代

息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の思いを代弁するZ世代が世界を変える

2019年11月22日(金)17時30分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

nww-191122-an-02.jpg

現在、アメリカで暮らすソニータ Photo: Greg Kahn

彼女は、当時の感情をこう振り返る。

「"人生が終わった"と感じました。母の口からこの知らせを聞いた瞬間、心が痛くて、恐怖で息ができませんでした」

児童婚はアフガニスタンでは珍しいことではない。ユニセフの資料によると、アフガニスタンで2010年~2017年の間に、18歳未満で結婚した女の子の割合は35%、15歳未満では9%の女の子が児童婚をした。ユニセフは「18歳未満での結婚、またはそれに相当する状態にあることを児童婚」と定義し、それは「子供の権利の侵害」だと非難している。

しかし、ソニータには歌手になるという、"将来の夢"があった。だからこそ母が発した"結婚"という言葉は、彼女にとって"夢の終わり"を意味していた――。

ソニータにとって、困難に直面したのはこれが始めてではない。彼女は10代だったが、同世代の女の子には想像もつかない数奇な人生を送ってきた。

10歳の頃、ソニータは家族と共にタリバンによって治安が悪化した母国アフガニスタンを去り、隣国イランで「不法滞在者」として育った。やがて年老いた父は亡くなり、母もしばらくしてアフガニスタンに帰ったため、イランに残ったのは彼女と兄弟姉妹だけだった。身分証明書を持っていないため、現地の学校には通えない。アフガニスタン難民に読み書きを教えるNGOのもとで勉強を教わりながら、清掃の仕事をして暮らしていた。

母がソニータに"突然の結婚"の知らせを告げに来たのは、彼女がそんな生活を送っていた時だった。

「もう諦め、母の言葉に従おうとしていました。でも、将来の夢を綴ったスクラップブックを見て、思ったのです。『立ち上がらないといけない!』と。なぜなら私には数えきれないほど、たくさんの夢があったから」

母がアフガニスタンに帰ってから、ソニータは後に彼女の人生を変えることになった『売られる花嫁』(原題:brides for sale)という曲を作り、映画監督のロクサレ・ガエム・マガミの協力を得てミュージックビデオを制作、そしてYouTubeに投稿した。

この曲では、花嫁として売られる女の子を羊に例えるなど、心が痛くなる表現が歌われている。これはソニータ自身の想いと共に、児童婚の経験を持つ友達たちの感情を代弁したという。

「女の子は、まるで"財産"であるかのように扱われ、売られていく――。家族に自分が感じていることを理解してもらいたかった。それに、何とかしないといけないと感じ、この曲を書きました」

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

イオン、今年度の減益予想据え置き 回復基調も先行き

ワールド

中国、チベット問題巡り米国に対抗措置 ビザ発給を制

ワールド

「骨太方針原案」を簡素化、基礎的財政収支の目標年度

ワールド

インド警察、ガス漏れ事故で韓国系化学工場のトップら

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!