最新記事

自閉症

自閉症児の「爆発」を60秒前に予測できるウエアラブル

New Autism Wristband

2019年09月12日(木)18時30分
カシュミラ・ガンダー

写真はイメージ WAVEBREAKMEDIA/ISTOCKPHOTO

<突然起こる攻撃的行動を身体データで60秒前に予測! 新開発のリストバンドが患者や家族の助けに>

自閉症の人は時に、突然かんしゃくを起こしたり自傷や他傷などの行動に出たりすることがある。彼らの攻撃的行動はいつ起こるのか? それを予測できるウエアラブル機器が、研究者らによって開発された。

リストバンド型のこの装置は、心拍や皮膚温度、発汗や腕の動きを常時監視。攻撃的行動が起こる60秒前に、84%の精度で予測が可能だと、開発者らは言う。

米疾病対策センター(CDC)によれば、アメリカでは現在、自閉症スペクトラム障害の子供は59人に1人とされる。彼らは神経学的機能が正常な一般の人々とは異なる行動を取り、話し方や非言語的コミュニケー ション、社会的能力や反復行動などに特徴が見られる。

【参考記事】「気味が悪い」、だから自閉症児向けセラピーに役立つロボット

自閉症の支援団体「オーティズム・スピークス」によれば、症状の強さや困難の度合いは一人一人異なる。高度な能力を持ち自立して生活できる人もいれば、症状が深刻で常に支援が必要な人もいる。

リストバンド開発に当たり、ノースイースタン大学(ボストン)の研究チームは攻撃的行動を起こす傾向のある自閉症児20人にバイオセンサーを装着し、87時間超にわたり行動と身体的変化を記録。攻撃的になる直前の特徴をデータから読み取った。

開発者で同大学計算行動科学研究所のマシュー・グッドウィン所長は、「小さな刺激ですぐ攻撃的になる自閉症児もいる」と指摘する。「保護者に前もって注意喚起ができれば、不意打ちを予防できるし、自閉症児をリラックスさせて周りの人々の安全を確保することもできる」

グッドウィンによれば、攻撃的行動に出る自閉症児を持つ家族は、誘発の原因が分からず、いつどこで爆発するか分からないと怯えている。彼らは「自主的自宅監禁」を選び、映画にも買い物にも公園にも子供を連れて行かないようにしている。

【参考記事】自閉症の原因は食品添加物? 米大学での調査で示唆

ニュース速報

ワールド

伊の新型コロナ流行、近く安定化の可能性 警戒は必要

ワールド

NY市に病院船到着、病院負担軽減へ新型コロナ以外に

ビジネス

米経済、コロナ終息で速やかな持ち直しも=アトランタ

ワールド

米ロ、原油価格巡るエネルギー相会談で合意 首脳が電

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    アジア系男性は「恋愛の序列の最下層」──リアルもオ…

  • 4

    はじけ切れなかったジョーカーの「元カノ」

  • 5

    「飾り窓」のツアー 禁止に続き、大麻カフェも規制へ?

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!