最新記事

音楽

マンチェスターから来たゴスな波! UKバンドの新鋭「ペール・ウェーブス」インタビュー

Life as ‘Gothy’ Role Models

2019年06月14日(金)17時20分
ケリー・ウィン

VISIONHAUSーCORBIS/GETTY IMAGES

<新鋭バンド「ペール・ウェーブス」の女子組に聞く、運命の出会いとロールモデルであるということ>

コンコン。楽屋をノックすると、勢いよくドアが開いて、厚化粧の女性2人が代わる代わるハグしてくれた。1人が「はい、どうぞ」とビニール袋を差し出す。カラフルなミミズの形をしたグミがたくさん入っている。もう1人のほうは、厚底靴を履いた足を投げ出して、床に座り込んだ。

それが英マンチェスター出身の4人組バンド「ペール・ウェーブス」との出会いだった。男女混成バンドだが、その日はヘザー・バロングレーシー(ボーカル/ギター)とキアラ・ドラン(ドラムス)の女性2人がインタビューに応じた。

バロングレーシーとドランの間には何やらピリピリした空気が漂っている。ドランが「うざい」からだと、バロングレーシーは言う。もちろん本気で怒っているわけではない。2人は前の晩、どこかでライブをした後、ひどく酔っぱらった話をしてくれた。

何という名前の町だったかは、よく覚えていない。「ミネアポリスじゃない?」「あーそうかも」。ゲラゲラゲラ。「でも、す ごくいいコンサートだった」と、バロングレーシーは急に真面目な顔で言った。

ペール・ウェーブスはこの時、やはりマンチェスター出身のポップロックバンド「The 1975(ザ・ナインティーン・セブンティファイブ)」と全米ツアー中だった。2つのバンドはレーベルが同じで、The 1975のフロントマン、マシュー・ヒーリーは、ペール・ウェーブスのデビュー曲のプロデュースを手掛けている。

このためペール・ウェーブスは、「The 1975の妹分」と呼ばれがちだが、本人たちはそのレッテルに不満のようだ。17年にバロングレーシーとヒーリーが著名音楽雑誌の表紙を飾った時に2人の髪型が似ていただけで、音楽性は異なるというのだ。

ポップロックのジャンルはどんどん成長を続けているが、ペール・ウェーブスはゴス(ゴシック・ロック)とポップスをミックスし、さらに女性ならではの視点を取り入れた独特の世界をつくり出している。それは何より、バロングレーシーとドランの強力な友情が可能にしたものだ。

出会った日から一緒に

2人はミレニアル世代らしく、大学のフェイスブックグループで知り合った。たちまち意気投合すると、早速リアルに会ってみることにした。その日、つまり13年9月4日は、2つの理由からバンドにとって歴史的な日になった。

第1に、その日以来、バロングレーシーとドランは1日たりとも離れたことがないほど、いつも行動を共にするようになった(ギターのヒューゴ・シルバーニと、ベースのチャーリー・ウッドが加わったのは15年のことだ)。

goth02.jpg

SHIRLAINE FORRESTーWIREIMAGE/GETTY IMAGES

第2に、それからぴったり5年後の18年9月14日、ペール・ウェーブスの記念すべきデビューアルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』がリリースされた。このアルバムはイギリスのチャートで初登場第8位、米ビルボードの新人アルバムチャートでも初登場第1位を記録するヒット作になった。

さらにペール・ウェーブスはライブにも力を入れており、ツアー続きで引っ越したばかりの自宅に帰る時間もないほどだ。5月に全米ツアーを終えた彼らは、6月から全英ツアーをスタートした。8月には日本にも行く。その合間に、新しいEPも制作しなくてはいけない。現在約20曲が候補に挙がっており、最終的に5〜6曲に絞り込むつもりだ。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、金利据え置き 来年は緩やかな成長継続を予

ビジネス

クレディ・スイス、利益率目標引き下げ 投資銀行部門

ビジネス

ボーイング737MAX、年内の運航再開認めず=米F

ワールド

インタビュー:アラムコ上場、サウジの石油依存脱却に

RANKING

  • 1

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 2

    犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!