最新記事

語学

VRで英語を学ぶ? 海外で暮らすような仮想体験ができる学習法

2019年04月26日(金)17時15分
寺町幸枝

VRヘッドセットを装着して仮想の国へ  FatCamera-iStock

<現地で暮らすことが言語習得の近道だとしてもその機会を得ることは難しい。そこでVRを使って仮想現実世界へ入り、そこで言語を学ぶというサービスが登場した>

南カリフォルニアのオレンジカウンティーで生まれたベンチャー企業「イマース」が、今年2月ヴァーチャル・リアリティ(VR)による没入型語学レッスンプログラムをローンチした。

VRを利用することでリアルな生活に根ざした語学レッスンをするという。既に米国大手企業や、台湾の企業で導入が始まっており、語学力のアップだけでなく、「チームビルディングといったビジネス研修的な要素も期待できる」と反応は上々だ。

言語における「学習」と「習得」の大きな違い

フランス生まれの創業者であるクィン・テーバーは25歳という若さだが、幼い頃から人道支援の仕事を持つ両親とともに、世界中あちこちで生活をしてきた。「起業する2年前までに、47カ国に住んだことがある」と話すテーバーは、英語、フランス語、アラビア語に堪能な上、今では趣味でヘブライ語とスペイン語を学んでいるという。

そんなテーバーだが、成長過程で何度も語学学習の壁につき当たったという。「米国で、アラビア語のクラスを取って学んでいたが、一向に上達しなかった。しかしヨルダンに移り住んで、ベドウィン族の女性と一日6時間一緒に過ごしたり、ベイルートのシリア人難民キャンプで英語の話せない難民6人と生活した時、バーに行ったり、サッカーを一緒にすることでアラビア語がすっかり話せるようになった」と話す

この経験が、テーバーに改めて語学学習について考えさせるきっかけになった。そしてテーバーはイマースを立ち上げ、言語学、特に第二言語を習得する際の人間の意識や反応についてのさまざまな研究に基づき、独自の「イマーシブ・メソッド」を確立した。

イマースは、言語における学習(Learning)と習得(Acquisition)は異なるものという考えに立つ。特に第二言語習得においては、一般的には文法や単語の暗記中心の学習方法が普及しているが、環境と経験が可能にする「没入型学習」で鮮明に記憶を焼きつけることによって、言語習得をよりスピードアップできると考えている。

「現地に住むこと」が一番語学習得の近道ということは、多くの人が知っているが、同じ環境をVRを使うことで可能にしたプロジェクトが、このイマースの独自メソッドなのだ。VRによって、たとえば海外の国に住んでいるような仮想現実を体験しながら現地の言葉を学ぶという方法だ。

語学習得を超える可能性

こうしてリリースされたプログラムは、まずビジネスで導入が始まった。講師を合わせて最大6人まで、同じVRのシーン上でレッスンが可能。このプラットフォームを利用して、社員の英語力を高めたいと考える企業が導入を始めたという。

既に米国の大手会計事務所や、台湾の半導体企業などでの利用が進み、日本でもこの5月には大手ファイナンス企業がイマースのプログラムを社内の英語力強化の一環で導入を始めるそうだ。

実際既に導入している企業からは、「英語という語学力を高めるツールとしてはもちろんだが、特定のシーン設定をしたシナリオ教材を使うことで、チーム力を高めるコミュニケーション強化ツールとしても利用できる」と評価されているようだ。

イマースは3000以上のシナリオを提供できる状況だが、さらに顧客のリクエストに応じたシーン設定も可能だ。米国航空宇宙局(NASA)からは、語学習得の目的ではなく、チームビルディングのトレーニング用として、イマースが作り上げたプラットフォームを利用できないかと依頼が来ているという。

グーグルとパートナーシップを結んでいるため、グーグルマップの衛星写真を用いた、かなりのリアル感を持ったシナリオ提供も可能だ。

ニュース速報

ビジネス

メキシコ自動車産業、米企業の準備整えば操業再開へ=

ビジネス

韓国中銀、政策金利を0.75%に据え置き 市場の予

ワールド

トランプ大統領、米経済の「ビッグバン」的な再開に期

ビジネス

ユーロ共同債、独年間負担は120億ユーロ=ジェフェ

RANKING

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!