最新記事

ヘルス

コーヒーを思い起こさせる「何か」だけで人は覚醒する

2019年04月01日(月)18時15分
松丸さとみ

コーヒーを思い起こさせるものを見せられた参加者は、時間を短く感じ、物事をより具体的かつ詳細に考えた...... ma-no-iStock

<カナダのトロント大学が行った実験で、実際には飲まずに「コーヒーを思い起こさせるものを見るだけ」でも脳は刺激を受けることが分かった>

実際に飲む必要はなし

コーヒーはカフェインの作用等もあり、飲むと目が覚めるのはよく知られている。しかしこのほど、実際には飲まずに「コーヒーを思い起こさせるものを見るだけ」でも脳は刺激を受けることが分かった。必ずしもコーヒーそのものを見る必要はなく、またコーヒーを飲む必要もないようだ。

カナダのトロント大学が行なった実験で、結果は科学専門誌「コンシャスネス・アンド・コグニション」(意識と認知)に発表された。

トロント大学の発表文によると、この実験は「プライミング効果」と呼ばれる現象を調べたもの。何かを思い起こさせるようなもの(この実験の例でいうとコーヒー)を人間が見た時に、思い出すレベルが非常に些細であっても、それが人の考えや行動に影響するという。

医療や健康の情報サイト「Medical Xpress」(メディカル・エクスプレス)は例として、2013年にトロント大学で行われた別の実験を紹介している。実験では、単にマクドナルドのロゴを見ただけで、人生に起こる楽しい経験をゆっくりと味わう能力が低下する可能性が示唆されたという。

今回の実験の共著者で消費者行動を専門にしているサム・マグリオ准教授はトロント大学の発表文の中で、「コーヒーを思い起こさせるような何かを目にした場合、人はコーヒーを飲んだ時と同じように生理的に覚醒するのか、コーヒーと覚醒には関係があるのか」を確認したかったと述べている。

お茶文化の人にはそこまでの効果なし

マグリオ准教授らは、コーヒーとお茶をそれぞれ思い起こさせるようなものを使って4つの実験を行なった。西洋の文化的背景を持つ人と東洋の文化的背景を持つ人に参加してもらった。

コーヒーを思い起こさせるものを見せられた参加者は、時間を短く感じ、物事をより具体的かつ詳細に考えたという。コーヒーそのものを飲んだのではなく、コーヒーを思い起こさせるものを見たことによる「プライミング効果」だとマグリオ准教授は述べている。

ただしコーヒーを思い起こさせるものを見た時の覚醒の度合いは、東洋の文化の中で育った人では、そこまで強くなかったという。マグリオ准教授は、コーヒーと覚醒の関係は、コーヒーがそれほど主流ではない文化ではそこまで強くなかったと説明する。

「北米では、会社のエグゼクティブがトリプル・エスプレッソを片手に重要な会議に駆け込む......といったイメージがあり、カフェインと覚醒の関係は他の文化にはないほど強いものがあるのかもしれない」と分析する。つまり、コーヒーで覚醒したイメージや経験がそこまで強くないと、コーヒーを思い起こさせるものを見てもそこまで覚醒しないということのようだ。

マグリオ准教授は次のステップとして、人はさまざまな食品や飲み物にどんなイメージを抱いているかを今後調べたいとしている。例えばエネルギー飲料や赤ワインについて考えただけで、まったく異なる反応を示す可能性もあるという。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日本車8社の10月世界生産2.7%増、2カ月連続プ

ビジネス

三井不動産、東京ドームに1株1300円でTOB

ワールド

ECB、超低金利で政府の支出支援続けるべき=パネッ

ビジネス

GDPギャップ34兆円、3次補正は相当なもの必要=

RANKING

  • 1

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    死産の経験をシェアした芸能人を叩く人たちが知らな…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!