最新記事

カルチャー

「本当の自分」を見てほしいのに、そうはいかない美人の辛さ

The Lady Vanishes

2019年02月19日(火)17時45分
メアリー・ケイ・シリング

エキゾチックな美しさを持つラマー SUNSET BOULEVARDーCORBIS/GETTY IMAGES

<「Wi‒Fiの原型」を開発したヘディ・ラマーの喜びと苦悩にフィクションを織り交ぜた小説が光を当てる>

一見したところ、2人の女性に大きな共通点はなさそうに見える。ミレバ・マリッチは天才物理学者アルバート・アインシュタインの最初の妻で、物静かで、自らも優秀な物理学者。ヘディ・ラマーはハリウッド黄金時代に「世界一の美女」とうたわれたことがある女優だ。

だが、2人を主人公にした小説を書いたマリー・ベネディクトによると、マリッチとラマーの間には明確な共通点がある。それは不屈の精神と、周囲が押し付ける型にはまらない強い意志、そして「影の立役者」という、現代も多くの女性が(意図せず)陥りがちな役回りだ。

弁護士から作家に転じたベネディクトは、16年にマリッチの生涯をベースにした『ジ・アザー・アインシュタイン』を、そして今年1月にラマーを主人公にした『ジ・オンリー・ウーマン・イン・ザ・ルーム』を発表した。どちらも純粋な伝記ではなく、フィクションを織り交ぜた小説という体裁を取る。

2人の女性は、それぞれ紆余曲折を経て「本当の自分」を見つけていく。マリッチは女の子が物理学を学べる場所がないセルビアの田舎町から、スイスの工科大学へと進み、アインシュタインと出会って結婚する。アインシュタインはそれから程なくして相対性理論を発表しただけに、マリッチの貢献があったのではないかとベネディクトが勘繰るのは無理もない。

一方、ラマーは世界的な映画スターとなった後に、周波数ホッピングという通信方式を発明して特許を取得する。現代の携帯電話やWi-Fi、そしてGPSにつながる基本技術だ。

nww-NW_HRM_02.jpg

19歳のラマ―と結婚した富豪マンドル(左) BETTMANN/GETTY IMAGES

ベネディクトは、ラマーがヘドウィヒ・キースラーという名前で故郷ウィーンに住んでいた時代に興味を抱く。「もちろん銀幕のスターのヘディは、『影の立役者』とは程遠い。でも、へドウィヒと名乗っていた頃は無名の存在だった」

演技を始めて間もない18歳のとき、ラマーはチェコ映画『春の調べ』(1933年)に出演して、スキャンダラスなヌードを披露。たちまち大きな話題となる。だがその翌年、オーストリアの富豪フリッツ・マンドルとさっさと結婚してしまう。

「彼女とマンドルの結婚生活は、驚きのエピソードにあふれている」と、ベネディクトは語る。マンドルは武器商人で、彼のパーティーにはムソリーニやヒトラーが来たこともあると、ラマーは自伝に書いている(その一方で、マンドルは反ナチ団体に武器を供給していたという説もある)。

【参考記事】21世紀版『美女と野獣』で描かれる現代の女性像

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 3

    国際結婚のダークサイド 夫に親権を奪われそうにな…

  • 4

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 2

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    マイケルが残した「虐待の連鎖」の悲しい謎──被害男…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 4

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!