最新記事

性教育

フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実際に授業へ潜入してみた

2018年11月30日(金)18時50分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

性行為=「思いやり」と認識をし、心身ともにコミュニケーション力を磨くべき(写真はイメージ) eclipse_images-iStock

<フランス人は、なぜ自信がある人が多いのか......? その疑問の答えを求め、「愛」と「尊敬」を教えるフランス性教育の現場へフランス在住記者が潜入>

フランスで生活をしていると、多くのフランス人は自分、そして他者を尊重することが上手だと感じる。そして、それこそが彼らを「自信」があるように見せているようだ。どのようにしたら、そんなふうに自分も他者をも愛することができるのか? あるフランス人女性に訊いてみたところ、その秘密は「セックス」にあると、こっそり耳元で教えてくれた。

さっそく気になって調べたところ、フランスの性教育では「愛と尊敬」を学ぶという。一体どんな授業なのか。その真相を確かめるため、パリの高校で行われた性教育の授業を受け、フランス人の家庭の性教育事情を調査した。

パリの高校の「性教育」授業に参加

ある雪の降る11月下旬の朝、パリの住宅地にある高校を訪れた。

2限目の鐘が鳴ると女子生徒たちが教室に集まり、テーブルを囲んで円形に座る。集まった11人の学生は、15~16歳の女子生徒たち。まるでパリ社会の縮図のように、アラブ系、アフリカ系、インド系、アジア系の学生がバランスよく混ざっている。授業が始まると、友達同士でウケを狙った発言をしたり、下を向いて寝るふりをしたり、生徒たちからはこれから始まる「性教育」を受けることへの、照れや戸惑いが伝わってくる。

この2時間の性教育では、身体の仕組み、避妊の方法、LGBTQ(性的少数派)への理解、カップル間の関係の築き方から、ポルノグラフィーやマスターベーションまで総括的な内容をカバーする。

授業中の約束事は、「みんな一人一人意見が違うから尊重すること、クラス内で話したことは外では内緒にすること」だ。

授業を担当するのは、家族計画センター(プラニング・ファミリアル)から派遣されたクリスティ―ヌ・エリチエ。ゆったりと構え、安心して話せるお姉さんタイプだ。

nww-seikyouiku-18112902.jpgパリ市内の学校で性教育を行うクリスティーヌ・エリチエ (Photo: Ayana Nishikawa)

クリスティーヌは早速、避妊の説明から始める。実際のピルを見せるため時計回りに渡し、生徒に避妊法について質問すると、あちこちから「コンドーム、ピル、避妊パッチ、IUD(子宮内避妊器具)」と名称が飛び出す。ある生徒は「緊急避妊用ピルは、できるだけ早く摂取するべきなのよ」と得意げな様子で語った。

そのあと、説明は女性の身体の構造へと進む。子宮、卵巣のイラストが見せられたあと、クリスティ―ヌが取り出したイラストは、「クリトリス」を説明した図だ。生徒たちは知らなかったようで、きょとんとしている。クリスティ―ヌが「女性の身体で、一番刺激に敏感な部位なのよ」と、優しく丁寧に説明すると、ある生徒が「じゃあ、オーガズムを感じるところ?」と興味を持って問いかけた。

【参考記事】歴史の中の多様な「性」

ニュース速報

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

ビジネス

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 4

    被害者であることを武器にする「#MeTоо」は不快 「…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!