最新記事

カルト

自称「天才」率いるセックス・カルト 集団内部の秘密グループに参加したら...

Exposing Cults

2018年11月29日(木)17時55分
ニューズウィーク日本版編集部

『カルトと過激な思想』の司会を務めるエリザベス・バルガス RODOLFO MARTINEZ/A&E

<聡明で善良な「普通の人々」を巧みに誘い込むカルト集団の実態に迫る、著名キャスターの覚悟>

カルト集団は外の世界から隔絶されているため、秘密のベールをはがして真実に迫るのは難しい。だがTVジャーナリストのエリザベス・バルガスは、米ケーブルテレビ局A&Eの新シリーズ『カルトと過激な思想』の司会役として、このテーマに正面から取り組んでいる。

5月末に放映された第1回では、自称「天才」のキース・ラニエール率いるNXIVM(ネクセウム)を取り上げた。これはセックス・カルトとして非難を浴びた集団で、ラニエールは3月に逮捕されている。テレビドラマ『ヤング・スーパーマン』に出演していた女優アリソン・マックも組織の構築に関わり、女性を事実上の性奴隷にする手助けをした容疑で逮捕・起訴された。

cult02-nww.jpg
女性たちを巻き込んで性奴隷にしたとして逮捕された女優のアリソン・マック BRENDAN MCDERMIDーREUTERS

番組は同じく女優で元メンバーのサラ・エドモンドソンの告白をストーリの柱に据え、ビジネス用の自己啓発セミナーという触れ込みのイベントが危険なカルトの正体を露呈していく過程を描き出す。エドモンドソンは集団内部の秘密グループに参加するため、最も与えてはいけない個人的な情報をネクセウムに提供する。

その結果、彼女はマックの自宅に招かれ、45分間の苦痛に耐えて、ラニエールのイニシャルの焼き印を足に施された。米大手テレビネットワーク、ABCの看板番組『ABCニュース』の記者・司会者を長らく務めたバルガスに、本誌ティム・マーシンが話を聞いた。


番組にネクセウムの実態を証言した元メンバーのサラ・エドモンドソン

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    国際結婚のダークサイド 夫に親権を奪われそうにな…

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 2

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 4

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!