最新記事

リラックス

知らない人とパジャマでハグ!? 密かにブーム広がる「フリーハグ」ならぬ有料ハグ会の実態

2018年09月13日(木)20時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

はっきりと自分の意志を表示できるようになるメリットも? Ivanko_Brnjakovic-iStock

<渋谷駅前に出没する「フリーハグ」とはわけが違う。ハグのプロによるセッションは4万超えの立派なサービスだ>

感情が解放されて、子どもの気になる行動が改善されるという母親と子どものための「抱っこセラピー」がある。その大人バージョンとでも呼ぼうか、人には見せられない不安や寂しさや怒りといった感情を、抱き合うことで解消しようというムーブメントが欧米のあちこちで人気を呼んでいる。夫婦や恋人同士、または仲のいい友だち同士で抱き合うのではない。見ず知らずの人同士が1時間など一定時間抱き合う、しかも、お金を払っての「ハグ」というのだから驚きだ。

集まった人同士、パジャマ姿で抱き合う

カドル・パーティー(Cuddle Party:抱擁パーティー)という名の活動は、14年以上も前にニューヨークで生まれた。共に恋愛とセックスのコーチのリード・マイハルコとマルシア・バシンスキが始めた20人ほどの集まりは、現在、アメリカのいろいろな都市だけでなく、カナダ、オーストラリア、イギリス(ロンドン)、アイルランド(2015年~開催)、スウェーデン(ストックホルム/2017年~開催)にまで広がっている。

集まった参加者たちが、パジャマやスウェットを着て抱き合うカドル・パーティーは、性的な関心は持ち込まない集会だ。その目的は以下のようなもの。

■ 抱きしめる感覚や抱きしめられる感覚を味わう。 
■ 新しい人と出会う、友だちになる......パーティーがきっかけで付き合うようになる人もいるそうだが、これ自体が集会の目的ではない。
■ コミュニケーションスキルを学ぶ......知らない人と会話するスキル。自分がしてみたい抱き方を相手に伝える、または自分がしてほしくない抱き方にはノーと言うスキル。

参加資格は18歳以上で事前の申し込みが必要、料金は約2000円、3000円、5000円など開催場所によって多少異なる。香水やヘアースプレーなど、香りの強いものはまとわないのがマナーだ。

最初に1時間ほどかけて、みんなで輪になって、集会を進行するファシリテーター(専門トレーニングを受けた人)がルールを説明し、互いに自己紹介する。この導入は、みんなのハーモニー作りのための大切な時間なので、遅れたら、もう集会に参加することはできない。

そのあとが、お待ちかねの抱き合う時間だ。開催場所によって2時間だったり2時間半だったりと違う。この間、もちろん、ずっと抱き合っている必要はなく、休憩してスナックや飲み物を楽しんでもいい。また、最後までいる必要もなく、いつ帰ってもいい。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利を小幅引き下げ 景気支援

ビジネス

中国、2018年のGDP改定値を発表へ=国家統計局

ワールド

原油価格は横ばい、世界景気鈍化懸念が重し

ビジネス

輸出・生産減少するとサービス・投資に影響、注視必要

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    カオスな閉店セールと共に去ったフォーエバー21 フ…

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 4

    平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!