最新記事

ヘルス

客室乗務員は乳がんや皮膚がんの罹患率が高い──研究結果

2018年07月03日(火)16時31分
松岡由希子

米国の客室乗務員で「がんと診断されたことがある」と答えた人は? B&M Noskowski-iStock

<女性に人気の職業だが、その健康リスクに関する気がかりな研究結果が明らかに>

運行中の旅客機の客室で保安業務や乗客へのサービスを提供する客室乗務員(CA)は、とりわけ日本で女性に人気の高い職業のひとつであり、近年は、国内空港での国際線発着数の増加や訪日外国人の増加に伴って、その需要も増えつつある。このように雇用環境が前向きになる一方で、客室乗務員の健康リスクに関して気がかりな研究結果が明らかとなった。

米ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、米国の客室乗務員のがん罹患率について調査し、2018年6月25日、その結果をまとめた研究論文を学術雑誌「エンバイロンメンタル・ヘルス(環境衛生)」 で発表した。

この調査結果では、一般人に比べて、客室乗務員の非メラノーマ性皮膚がんの罹患率が高いことが初めて示されたほか、乳がん、子宮がん、消化管がん、甲状腺がん、子宮頸がん、メラノーマ性皮膚がんでも、より高い罹患率がみとめられている。

ハーバード公衆衛生大学院では、連邦航空局(FAA)の助成のもと、専門プロジェクト「ハーバード・フライトアテンダント・ヘルス・スタディ(FAHS)」を2007年に立ち上げ、客室乗務員の健康について調査してきた。

とりわけ乳がん、皮膚がんが高い率

このほど公開された調査結果は、2014〜2015年に収集したデータに基づくもので、米国の客室乗務員5366名が、自己申告により、健康状態や症状、職歴、性格などについて回答した。なお、回答者の8割が女性で、平均年齢は52歳、平均勤続年数は20年であり、その15%が「過去にがんと診断されたことがある」と答えている。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    海外移住「キャリアアップ」のリアル──日本人女性の…

  • 3

    キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

  • 4

    ウンチで糖尿病も癌も治療...赤ちゃんの癒やしパワー…

  • 5

    国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

  • 4

    ウンチで糖尿病も癌も治療...赤ちゃんの癒やしパワー…

  • 5

    キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    「なぜ私のカゼに葛根湯が効かないのか」──薬剤師に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!