最新記事

インタビュー

必ず「寝落ち」できる物語──異色の短編作家が紡ぐ5分で眠くなるストーリーの秘密とは

“I Had to Edit Out the Snake”

2018年07月27日(金)17時15分
ローラ・ベネット

WWW.PHOEBE-SMITH.COM

<リスナーを自然な眠りに誘う人気作家フィービー・スミスが語った、5分で眠くなるアプリ向けストーリーを書く秘訣>

目が冴えて眠れない。寝返りを打っても、羊を数えても、一度明かりをつけてストレッチをしてもダメ──。そんな状況に陥ったある晩、筆者は「眠りを誘う物語」を聴いてみることにした。リスナーを自然な眠りに誘うことを目的とした短編を集めたアプリが存在するのだ。

疑い半分で聴き始めた筆者が、その抜群の効果を認識したのは翌朝目覚めたとき。イライラするほどではない程よい退屈さのおかげで、最後まで聴き終わる前に眠りに落ちていたのだ。

物語の舞台は列車であることが多い。車輪音のリズムや外の木の葉の色などの些細な事柄が、ひどく細かく説明される。

フィービー・スミスは、このアプリ「カーム」の専属スリープ・ストーリーテラーという肩書を持つ。カームは昨年アップストアで「アプリ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた人気アプリで、眠りを誘う物語のほか、瞑想用の物語なども数多く収められている。

スミスは、カームでもトップクラスの人気作品を執筆してきた。例えば、南仏のラベンダー畑を舞台にした『ブルー・ゴールド』は、感覚が麻痺するほど退屈なストーリーが24分間続く。

「見なくても香りで分かる」と始まると、「その間違えようのない芳香が嗅覚を満たし、五感にしみ出し、たちまちうっとりするような香りで全身から力が抜けていく」といった具合だ。

良質な眠りを誘う物語を書くコツは何か。本誌ローラ・ベネットがスミスに話を聞いた。

writer02.jpg
スミスは一風変わった場所で寝る体験を書く旅行ライターでもある WWW.PHOEBE-SMITH.COM

ニュース速報

ワールド

香港の抗議デモ続く、外出禁止令発令との憶測も

ビジネス

ドイツ第3四半期GDP速報値、前期比+0.1% 景

ワールド

米中、第1段階の合意巡り踏み込んだ協議している=中

ワールド

欧州委員会、発足さらにずれ込みか 英国が委員の指名

RANKING

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    これが未来の飲み方? 容器ごと食べるウイスキーは…

  • 3

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

  • 4

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    高齢時に忘れっぽい人になるかどうかは、8歳の時に予…

  • 3

    運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!