最新記事

インタビュー

必ず「寝落ち」できる物語──異色の短編作家が紡ぐ5分で眠くなるストーリーの秘密とは

“I Had to Edit Out the Snake”

2018年07月27日(金)17時15分
ローラ・ベネット

WWW.PHOEBE-SMITH.COM

<リスナーを自然な眠りに誘う人気作家フィービー・スミスが語った、5分で眠くなるアプリ向けストーリーを書く秘訣>

目が冴えて眠れない。寝返りを打っても、羊を数えても、一度明かりをつけてストレッチをしてもダメ──。そんな状況に陥ったある晩、筆者は「眠りを誘う物語」を聴いてみることにした。リスナーを自然な眠りに誘うことを目的とした短編を集めたアプリが存在するのだ。

疑い半分で聴き始めた筆者が、その抜群の効果を認識したのは翌朝目覚めたとき。イライラするほどではない程よい退屈さのおかげで、最後まで聴き終わる前に眠りに落ちていたのだ。

物語の舞台は列車であることが多い。車輪音のリズムや外の木の葉の色などの些細な事柄が、ひどく細かく説明される。

フィービー・スミスは、このアプリ「カーム」の専属スリープ・ストーリーテラーという肩書を持つ。カームは昨年アップストアで「アプリ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた人気アプリで、眠りを誘う物語のほか、瞑想用の物語なども数多く収められている。

スミスは、カームでもトップクラスの人気作品を執筆してきた。例えば、南仏のラベンダー畑を舞台にした『ブルー・ゴールド』は、感覚が麻痺するほど退屈なストーリーが24分間続く。

「見なくても香りで分かる」と始まると、「その間違えようのない芳香が嗅覚を満たし、五感にしみ出し、たちまちうっとりするような香りで全身から力が抜けていく」といった具合だ。

良質な眠りを誘う物語を書くコツは何か。本誌ローラ・ベネットがスミスに話を聞いた。

writer02.jpg
スミスは一風変わった場所で寝る体験を書く旅行ライターでもある WWW.PHOEBE-SMITH.COM

ニュース速報

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

ワールド

焦点:ロシアが「違法」民兵に医療支援、軍事作戦への

RANKING

  • 1

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 2

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    恐怖の12分間...血と涙の『くるみ割り人形』残酷な舞…

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!