最新記事

ヘルス

世にも奇妙なセックストレンド「ピーガズム(おしっこ我慢)」の危険性

2018年07月19日(木)17時05分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

健康な人であっても、この奇妙な行為は避けるべき PeopleImages-iStock

<開放感と刺激の快感にはまる女性は一定数存在すると、各紙は推定。わざと極限まで排尿を我慢している心当たりのある人は要注意!>

「ピーガズム」をご存知だろうか。

ザ ・サン紙ニュージーランド・ヘラルド紙などによると、実はこれ、新たなセックストレンドの1つという。日本では馴染みのない言葉だが、意味するところはずばり「おしっこ我慢」。オーガズムとピー(Pee:おしっこの意)をもじってピーガズム。両紙ともに、奇妙なトレンドだと指摘している。

デイリーメールの説明では、一部の女性は尿意を催しても極限まで我慢し、限界に達したところで排尿する。これと同時にオーガズムを得ているというのだ。

先ごろ、この「奇妙で新たなセックストレンド」に医師が健康上の危険性を指摘したほどで、排尿の開放感と刺激の快感にはまる女性は一定数存在すると、各紙は推定する。

震えるようなオーガズムは危険と隣り合わせ

ある男性はソーシャルニュースサイトのRedditで女性に向けこう書き込んだ。「尿意を耐え忍んだうえで排泄すると、背中から頭まで震えるようなオーガズムに達することはあるのか?」

すると多くの女性がこれに反応を示した。「自分だけじゃなかったのね」や、「イエス! 衝撃のあるマッサージみたいな感じ。夜中に尿意で目を覚ましておしっこするようなね」と、ピーガズムの存在を認める人もいれば、「確かにちょっとそんな気にもなるけど、オーガズムではないし気持ち良くもない」など、快感とはほど遠く、むしろ不快だとする声も。余談だが、「俺は彼女に1日中おしっこを我慢させて、夜に自分の前でさせる」というキワモノの男性も出現した。

これ以上の紹介は自粛するが、健康的なセックスを前提にそれぞれの性的嗜好の自由は前提としても、ピーガズムには危険が潜んでいる。尿路感染症(UTI)を引き起こす可能性があると医師が警告を発したのだ。

性や出産に関する著書を多く持つキャロル・クーパー医師は、通常以上に排尿を我慢し続けることが原因で、感染症になりかねないと話す(英ザ・サン紙)。腎臓の損傷を引き起こす可能性もある。そもそも、女性は男性よりも尿道が短く膀胱炎になりやすい。たとえ健康な人であっても、この奇妙な行為は避けるべき、と呼びかけた。

女性にとって気持ち良くて、リスクの低い方法はもっと他にたくさんあるはずなのだから。

RANKING

  • 1

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    飲み会中に即実践! 二日酔い対策のツボ押しと居酒屋…

  • 5

    私たちがボトックスを使う理由は美容だけにあらず …

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 3

    「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!