最新記事

iPhone

新型iPhoneは大丈夫? アップル、中国によるハッキングめぐりグーグルに反論

2019年9月9日(月)12時32分

米アップルは、中国政府が治安上の脅威とみなすイスラム系少数民族、ウイグル族がiPhoneの基本ソフト「iOS」のセキュリティー上の欠陥によってサイバー攻撃の標的となっていたことを確認した。写真は2017年7月に上海で撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

米アップルは6日、中国政府が治安上の脅威とみなすイスラム系少数民族、ウイグル族がiPhoneの基本ソフト「iOS」のセキュリティー上の欠陥によってサイバー攻撃の標的となっていたことを確認した。ただ、攻撃の範囲は狭く、すでに欠陥は修正済みだと説明。アルファベット傘下グーグルの研究者らが指摘したような、リアルタイムでのiPhoneユーザーの追跡にはあたらないと反論した。

グーグルのセキュリティーチーム「プロジェクト・ゼロ」の研究者らは先に、5つのセキュリティー上の欠陥が「少なくとも2年以上にわたり、あるコミュニティー内のiPhoneユーザーをハッキングする持続的な取り組み」につながったとする調査結果を公表。コミュニティーについて特定はしなかった。

だが、CNNやテッククランチなどのメディアは、ウイグル族を監視するためのサイバー攻撃だったと報道。ロイターは先に、中国がウイグル族の渡航者を監視するため、アジアの通信会社にハッキングしたと伝えていた。

アップルは6日、サイバー攻撃は「対象が狭い範囲に絞られていた」とし、影響を受けたのは「ウイグル族コミュニティーに関連したコンテンツに特化した10件ほどのウェブサイト」であり、グーグルのチームが指摘したような「大規模な」iPhoneユーザーへのハッキングではないと説明した。

また、欠陥は今年2月に修正済みで、グーグルの指摘から10日以内に修正したことを明らかにした。

アップルは声明で、ウイグル族関連のウェブサイトが攻撃を受けた期間は2カ月間で、グーグルが指摘した2年ではないと反論。「iOSの修正パッチがリリースされてから半年後に公表されたグーグルの調査結果は、集団全員の私的な活動をリアルタイムで監視しているかのような誤解を与える内容だ。すべてのiPhoneユーザーの間に自身の端末がハッキングされているとの懸念をもたらしている」とし、「そのようなことはない」と強調した。

一方、グーグルは声明で、自社の調査結果を支持しており、アップルや他の企業とともに、セキュリティー上の欠陥の発見・修正に取り組み続けると表明。

「プロジェクト・ゼロが公表した技術調査の結果はセキュリティー上の脆弱性への理解を深めるためのもので、それは防御戦略の向上につながる」とし、「これらの脆弱性の技術的側面に特化して書かれた調査結果をわれわれは支持する」と明らかにした。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

「コロナ債」に固執すべきでない─ECB総裁=仏紙

ビジネス

3月ユニクロ国内既存店売上高27.8%減、新型コロ

ビジネス

スイスのUBSとクレディ・スイス、配当制限へ

ビジネス

ファストリ、通期営業益43.7%減に下方修正 コロ

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 8

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月