最新記事

プロダクツ

スマホと連動して盗難防止、オランダ発スマートバイク、バンムーフの新モデル登場!

2020年7月16日(木)11時50分
Pen編集部 ※Pen Onlineより転載

バンムーフから登場した新モデル。こちらは「VanMoof S3」のダークカラー。

オランダ発の自転車ブランド、バンムーフから電動アシスト機能付きの新モデル「VanMoof S3」、「VanMoof X3」が2020年4月に登場した。スマートバイクとしての充実した機能だけでなく、今回はその価格にも関心が集まっている。

まずは機能面に注目したい。新モデルではスマートフォンと連動した盗難防止システムに加え、4段階オートマティックギア「e-shifter(電動シフター)」が初搭載された。ライダーは、バンムーフが提供する専用アプリを使ってシフトのタイミングをカスタマイズできる。他にも、ライダーからのフィードバックをもとに採用された油圧式ブレーキや、以前よりも小型化し静音性が増した最新のモーターなども搭載されている。

新モデルは、いずれも25万円(税込、送料別)。前モデルと比べて、なんと40%以上も価格が抑えられている。タイヤ以外のパーツをデザインから手がけたり、取扱店を公式オンラインストアや直営店に限定したり、製造から販売まで自社で行うことによって実現した、大幅なプライスダウンだ。

<参考記事>「新しい日常」の料理を手軽に、多彩に楽しめる! 初夏の最新調理家電3選。

バンムーフの共同創立者ティーズ・カーリエは、「私たちの自転車をより多くの人に手に取ってもらうこと、億単位の人々に乗ってもらうことが、私たちの直近の目標です」と語っている。

他の自転車ブランドと一線を画し、IT技術の進歩とともに独自の進化を遂げていくバンムーフ。今回の新モデル登場を機に、この最新鋭のスマートバイクに乗り始めるライダーも増えていくだろう。

pen202004280619142202.jpg

「VanMoof S3」。タイヤサイズ28インチ、対応身長170cm~210cmのユニセックス仕様、1回の充電で最長150km走行可能、ライト/ダークの2色展開。バンムーフ公式オンラインストアで発売、20年5月から順次発送予定。¥250,000(税込・送料別)。写真はダーク。

pen202004280619142203.jpg

「VanMoof X3」。タイヤサイズ24インチ、対応身長155cm~200cmのユニセックス仕様、1回の充電で最長150km走行可能、ライト/ダークの2色展開。バンムーフ公式オンラインストアで発売、20年5月から順次発送予定。¥250,000(税込・送料別)。写真はマットライト。

<参考記事>完璧な盗難防止システムを備える、噂のスマートバイク「バンムーフ」の魅力に迫る!


問い合わせ先/バンムーフ・ジャパン
www.vanmoof.jp

※2020.04.28

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
Penonline_logo200.jpg



ニュース速報

ワールド

豪、自宅待機手当導入へ ビクトリア州は小売など営業

ビジネス

ユーロ圏製造業PMI、7月改定値は51.8 19年

ビジネス

コロナ収束前のGoToは歳出の無駄、消費減税は効果

ワールド

インド内相がコロナで入院、新規感染5日連続で5万人

MAGAZINE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月