最新記事

カルチャー

「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

2023年3月18日(土)19時57分
キャサリン・アルメシン

アカデミー賞授賞式のアフターパーティーに出席したシアラ(3月12日) Danny Moloshok-Reuters

<称賛が集まる一方で、「たしかに美しいが、もうこういうのはうんざり」「頼むから服を着て」といった批判の声も上がった>

歌手のシアラ(37)が、バニティ・フェア主催のアカデミー賞授賞式のアフターパーティーで、「ほぼ裸」のドレスを着用し、ネット上では賛否両論が巻き起こっている。

■【写真】シースルー、肌見せドレス姿のセレブが集まるなかで、ひときわ輝いたシアラ

米ニュースサイト「ページ・シックス」によると、12日に開催された「オスカーパーティー」に出席したシアラは、肌が完全に透けて見えるデュンダスのホルタードレスでレッドカーペットに登場。ドレスの下にはヌードカラーのニップルカバーと黒の小さなTバック以外は何もつけず、その曲線美を見せつけた。

ドレスにはビジューがクロスハッチ模様に施され、大きく開いたネックラインに、Tバックの上部が見えるローバックというデザインだ。

シアラはこのドレスに、黒のベルベットのオペラグローブと、クリスチャン・ルブタンのヒールを合わせ、黒のアイシャドウにヌードカラーのリップ、艶やかなボブヘアというスタイルだった。

レッドカーペットに一緒に登場した夫でアメリカンフットボール選手のラッセル・ウィルソンは、光沢のある黒のパンツとシャツに、黒のベルベットのコートを羽織った。

スタイリストのロブ・ザンガルディが、この日のシアラの写真をインスタグラムに投稿すると、ソーシャルメディアのユーザーから様々な反応が寄せられた。

あるユーザーが、シアラのヒット曲「1,2 Step」の歌詞にちなんで「supersonic hypnotic(スーパーソニック的に魅惑的)」とコメントすると、別のユーザーは「この世のものとは思えない」と賞賛した。

シアラの際どいドレスについては、Twitterでも話題になり、「とても魅力的」「すごくきれい」と言った感想が上がった。

「美しいが、もううんざり」と批判の声も

しかし、快く思わなかったユーザーもいる。「そんなものは夫のために取っておけ! 私たちはそんなものを見る必要がない!」「彼女は美しいが、こういうのはもううんざり」「シアラ、頼むから服を着て」といった批判的な意見も見られた。

Twitterのユーザーの1人は、ウィルソンが妻の隣で不機嫌そうにしているとの憶測を否定し、「何かを着るのに許可がいるの? 彼女は大人の女性なんだから」とシアラを擁護した。

スターが集合した今回のパーティで、大胆なファッションを披露したのはシアラだけではない。ページ・シックスによれば、モデルのエミリー・ラタコウスキーが着ていたのは、フィーベンというブランドのメタリックなシースルードレス。胸のトップを通るように編み込みが入ったドレスの下はノーブラで、ヌードカラーのTバックを身につけていた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:TikTok含め偽情報提供でサービス

ビジネス

クレディ・アグリコル、中国に投資銀行部門設立

ビジネス

独IFO業況指数、3月は93.3に上昇 銀行部門の

ビジネス

再送ベトナムのVPバンク、約1800億円で三井住友

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:グローバル企業に学ぶSDGs

2023年3月21日/2023年3月28日号(3/14発売)

ダイキン、P&G、AKQA、ドコノミー......。「持続可能な開発目標」の達成を経営に生かす

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

  • 2

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 3

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 4

    「次は馬で出撃か?」 戦車不足のロシア、1940年代の…

  • 5

    「カミソリのような鋭い仕立てに定評」──ファッショ…

  • 6

    【デンマーク王室】称号を剥奪された次男ヨアキム王…

  • 7

    ChatGPTは大学教育のレベルを間違いなく高める――「米…

  • 8

    大滝詠一が本当に聴かせたかったのは、この音だった.…

  • 9

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 10

    話題のプーチン「アゴ写真」に重大な誤り...それでも…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    女性支援団体Colaboの会計に不正はなし

  • 3

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

  • 4

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライ…

  • 5

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 6

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 7

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    インバウンド再開で日本経済に期待大。だが訪日中国…

  • 10

    プーチン「専用列車」の写真を撮影・投稿してしまっ…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    訪日韓国人急増、「いくら安くても日本に行かない」との回答も一変......その理由は?

  • 4

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 5

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中に…

  • 6

    1247万回再生でも利益はたった328円 YouTuberが稼げ…

  • 7

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 8

    年金は何歳から受給するのが正解? 早死にしたら損だ…

  • 9

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 10

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story