最新記事

インターネット

英サッカー中継中に流れた「ポルノ音声」、YouTuberが「自分が仕掛け人」と動画公開

2023年1月20日(金)17時41分
イングリッド・メンドーサ

事件はウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ対リバプール戦で起きた(1月17日) Phil Noble-Reuters

<BBCでの試合の生中継中に大音量でポルノ音声が流れた「放送事故」はいたずらだった。仕掛け人を名乗るYouTuberが動画で明かす>

1月17日、イングランドサッカーFAカップの試合を放送したBBCの生中継で、スタジオに突然ポルノの音声が響き渡った。英国中部の都市ウルヴァーハンプトンにあるモリニュー・スタジアムでおこなわれた、ウルブス(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズの愛称)対リバプール戦でのことだ。

■【動画】スタジオ大困惑の「放送事故」の様子と、その「種明かし」をするYouTuber

番組司会者のスポーツキャスター、ギャリー・リネカーが、実況席にいた元イングランド代表のアラン・シアラーを紹介し始めたとき、女性があえぐ声のような音が大音量で流れ、このノイズによって放送が妨害された。

ツイッターユーザーの@5amcoekが共有したこの珍事の動画では、スタジオで音が鳴り響くなか、62歳のスポーツキャスターは平静を保とうと努力していたが、結局、笑いをこらえることができなかった。「一体、誰が音を出しているんだ」と、リネカーは笑いながら反応した。

リネカーは、画面に現れたシアラーに対して、「こちらのスタジオは暖かいだけじゃなくて、ちょっとうるさいんですよ。誰かが誰かの携帯電話に何かを送っているのか、冗談なのかわかりません。視聴者の皆さんに聞こえているかもわかりません」と話し掛け、シアラーもクスクス笑った。

この「放送事故」は世界的に話題になったが、どうやらこれは計画的ないたずらだったようだ。レスター・シティの元選手で、元イングランド代表でもあったリネカーはその夜、旧式の携帯電話の写真とともに、「セットの後ろにテープで貼り付けてあった」とツイートし、「妨害行為」であることを示唆した。

また、リネカーはBBCの「ニュースナイト」にも出演し、司会者のカースティー・ワークに対して、生放送でいたずらされた体験について語った。

「明らかにいたずらだった」

「音が鳴り出してすぐ、何の音かわかった。皆もやられたことがあると思う。ワッツアップか何かにいたずらが送られてきて、列車の中や、人がたくさんいる会社で鳴り出すという仕掛けだ。それでも試合直前の生中継中だったので、対応がかなり難しかった」

リネカーは、「ものすごい大音量だった。明らかにいたずらだった」と振り返り、「あまりの大音量」のせいで、シアラーと、スタジオにいたダニー・マーフィーの声が聞こえないほどだったと説明した。

「これまでで最も奇妙な特殊効果」だったか、というワークの質問に対し、リネカーは「間違いなくそうだと断言できる。試合直前の放送をそのまま続け、真剣に取り組むのはかなり大変だった」と答え、ポルノの音声は「試合全体」に影響を与えたと続けた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月