最新記事

ビジネス

「半額」の破壊力──JTが加熱式たばこデバイス「Ploom X」割引キャンペーン

2022年9月14日(水)10時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

FaberrInk-iStock.(LEFT)

<苛烈なシェア争いが続く加熱式たばこ業界で、消費者の背中を押すことになりそうなキャンペーンが始まっている。期間は10月9日まで>

さまざまな業界のさまざまな企業が、割引キャンペーンを実施する。定価販売を基本としてきたコンビニ業界でさえ、最近はAI(人工知能)を活用した値引き販売を行っている。期間や時間を限定して価格を下げるのは、ビジネスの有効な一手法だ。

消費者としてはもちろん、お得にモノを買いたい。割引キャンペーンを見て、お気に入りの商品を買い足したり、以前から気になっていた商品を購入することもあれば、買うことを考えもしていなかった商品を真剣に検討することもあるだろう。

現在苛烈なシェア争いが行われている加熱式たばこの業界でも、各種の割引キャンペーンが実施されてきたが、このたび、日本たばこ産業(JT)が主力商品の「Ploom X(プルーム・エックス)」をなんと半額にするキャンペーンを開始した。メーカー希望小売価格3,980円(税込)が、特別価格1,980円(税込)となる。

期間は10月9日までの「オータムセール」。全国のコンビニ、たばこ販売店、専門店のPloom Shop(札幌から福岡まで全国12店舗)、CLUB JTオンラインショップ、JT公式Ploom楽天市場店、PayPayモール店などで実施中だ。

「より多くのお客様に、『プルーム・エックス』シリーズをお愉しみいただきたい」とJTはキャンペーンの趣旨を説明する。

webbusiness20220914ploomx-2.jpg

対象商品は「Ploom X」の「スレートグレイ」「シルバー」。メーカー希望小売価格3,980円(税込)が特別価格1,980円(税込)に

加熱式たばこは、従来の紙巻たばこと異なり、1つのモノを買うだけでは体験が完結しない。シリーズとして愉しんでもらうためには、デバイスとたばこスティックの両方が必要だ。消費者側としても「まずはデバイスが必要」となるわけで、紙巻たばこを吸ってきた喫煙者にとっては、そこが1つのハードルでもあった。

それが今回、加熱温度の緻密なコントロールに加え、空気の流れに着目した新発想の加熱技術「HEATFLOW」を搭載した高温加熱型の「Ploom X」を半額で買えるのだから、ハードルを越える大きな動機付けになりそうだ。

昨夏の発売以来、「吸い応えが向上した」「約5分間無制限で吸えるのがいい」「掃除が不要で便利」などと、好評を博してきた。たばこスティックも多様なラインナップが用意され、多様な嗜好に応えている。「Ploom X」の販売数量、市場シェアは伸長し続けており、実際、喫煙所で見掛ける愛用者も増えてきた。

人気の商品と、「半額」の破壊力。この2つが合わさったキャンペーンで、「Ploom X」愛用者はさらに増えるかもしれない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月