プレスリリース

2020年6月のインドにおけるスマートフォン販売台数、COVID-19前のレベルに急速に戻り、スマホユーザー数は5億人を突破

2020年08月04日(火)09時00分
Counterpoint Technology Market Research Limited
インドの2020年第2四半期スマホ市場は、4月が壊滅的だったため前年同期比51%減に。オンラインチャネルのシェアは過去最高となる売上の約45%を獲得。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、COVID-19との戦いの中、インド政府が実施した全国的なロックダウンによって、4月の出荷はゼロになったが、2020年6月にはインドのスマートフォン市場は前年同期比で0.3%とわずかな減少まで急速に回復し、インドの2020年第2四半期におけるスマートフォン出荷は前年同期比51%減の1800万台をわずかに超えるレベルに留まったという調査結果を含むMarket Monitorによる最新調査を発表致しました。


ロックダウン中に積みあがったスマートフォン需要と、メーカー各社のプロモーションの効果が功を奏したことに加えて、COVID-19の感染リスクを避けるため、消費者が対面の手続きのない購入方法や、ネット販売を好み、スマートフォンメーカーもその消費者動向を鑑みて、オンライン販売チャネルへの在庫を積み増したことにより、COVID-19前のレベルへ急速に戻りました。

市場の動向について、カウンターポイント社のシニアリサーチアナリストのPrachir Singh氏は、以下の通りコメントしています。
「COVID-19流行によるロックダウンで、スマートフォンの製造と販売40日分が失われた。5月に入ると、政府は、店舗の再開と必需品以外のオンライン販売を許可した。その結果、市場ではロックダウンの制約が徐々に消えていき、売上急上昇に至った。この四半期は、需要と供給ともに外的要因による障壁が入った形となったが、それによって各メーカーは市場戦略を再考することになった。供給側について見てみると、4月に工場が操業停止し5月まで再開できなかったため、部品の供給不足に見舞われたメーカーがあった。組み立て終えた製品を輸入することで、なんとか供給量を維持したメーカーもある。この四半期の最終週には税関で部品が足止めされるケースも出て、サプライチェーンに影響を与えた。」

図1: インドのスマートフォン市場シェア 2020年第2四半期

出典: Counterpoint Research Market Monitor 2020年第2四半期
注: XiaomiのシェアにはPocoを含む

競合状況へのコロナウイルス流行の影響について、カウンターポイント社のリサーチアナリストShilpi Jain氏は以下の通りコメントしています。
「中国メーカーのシェアは2020年第2四半期には72%と、第1四半期の81%から低下した。ひとつには、OPPO、vivo、realmeなど中国主要ブランドからの供給が不安定であり、もうひとつには、反中国の感情が広がりつつあることが原因である。政府が、50を超える中国製のアプリを禁止し、中国からの輸入に遅延が生じる検査強化の実施という強硬な姿勢をみせたことが反中国感情に繋がった。こうした政府の措置は、6月のインド_中国間の国境紛争に起因する。」
一方で、中国メーカーのインド現地における製造、R&D能力、コスパの良さ、しっかり根付いた流通チャネルを考えると、消費者にとって他の選択肢は少ないのもまた事実である。加えて、グローバル化が進む中で、商品にどこの国製とラベルをつけるのは困難になっている。その商品の部品は色々な国から集められているからである。とはいえ、中国メーカーのシェア低下は、Samsungや地場のMicromax、Lavaといったメーカーにとってシェア奪回のチャンスとなっている。さらに、インドの通信大手であるJioとGoogleの提携によって4G Androidスマートフォンが手頃な価格で手に入るようになり、#VocalforLocal(インド首相の自国産業を大事にしようという呼びかけ)の機運に乗ってシェアを確保しそうである。」

インドには今でも3.5億人ものフィーチャーフォンユーザーがおり、この市場の落ち込みが最悪な状況となっており、出費にきわめて敏感なこのセグメントの消費者が買い控えた結果、2020年第2四半期には前年同期比で68%減となりました。短中期的には、この流れで、中古や再生モバイル機器の市場に活気が出るのではないかと予測しています。

図2: インドのフィーチャーフォン市場シェア 2020年第2四半期

出典: Counterpoint Research Market Monitor 2020年第2四半期


市場サマリー:

製品供給の問題と、消費者の間で高まる反中国感情にも関わらず、Xiaomiは2020年第2四半期のインドスマートフォン市場で首位の座を維持した。Redmi 8A dual、Redmi Note 8 Pro、Redmi Note 8といった機種が競争力のある価格、魅力ある機能、それに顧客へのリーチの広さから、引き続き消費者を惹きつけた。この四半期に、同社は超高級機セグメント(45,000インドルピー、597米ドル以上)にフラグシップ機種のMi10 5Gで参入し、同じく市場に投入したスマート掃除機やヒアラブルデバイスとともに、IoTのエコシステムを拡充しつつある。よく練られた戦略、カスタマーフォーカス、それとCOVID-19への迅速な対応が、この業績に繋がっている。
Samsungは業績回復が最も速く、COVID-19前のレベルの94%に戻り、2020年第2四半期の第2位となった。2020年第2四半期のシェアは26%と、前四半期の16%から増加した。改良されたMシリーズを実店舗のオフラインチャネルに流すとともにSamsung Care+のような新しいサービスでインド市場における地位を回復させた。Samsungは競合他社と比べ、サプライチェーンの分散化も進んでおり、安定な部品供給に役立っている。6月末にほぼフル生産に戻ることができた最初のメーカーでもある。
vivoもロックダウン後の需要増をうまくさばき、COVID-19前の6割の水準に戻した。加えてロックダウン後の製造キャパシティも急速に増やすことができた。フラグシップ機種V19の発売に加え、YシリーズのラインナップにY50やY30を加えたことも、6月の急回復に寄与した。
realmeは第4位を維持したものの、シェアは11%に後退した。5月のほぼ一か月間工場閉鎖を余儀なくされ、製造が追いつかなかったことが原因である。しかし、新たに発売した普及機種セグメントのNarzoシリーズは好調で、今後このセグメントでの勢いで業績を伸ばしそうである。
OPPOもこの四半期は製品供給で苦しんだが、超高級機セグメント(45,000インドルピー、600米ドル以上)のフラグシップ5G機種であるFind X2シリーズやヒアラブルの発売で、ブランドイメージを作り出すことができた。普及機種のAシリーズも改良され、消費者へのアピールを強めた。
OnePlusは、新発売した5G機種のOnePlus8で、高級機セグメント(30,000インドルピー、398米ドル以上)におけるトップに返り咲いた。
Appleは依然として超高級機セグメント(45,000インドルピー、600米ドル以上)のリーダーである。第2四半期にはOnePlusにシェアを取られたがiPhone 11の出荷は堅調である。
この四半期、Xiaomi、vivo、Samsung、OPPOなどのメーカーはO2O(オンラインからオフラインへ誘導する手法)戦略をとり、積みあがった需要をさばくとともにオフラインのチャネルパートナーの支援を行った。
消費者は非対面やソーシャルディスタンスを求めたため、オンラインチャネルのシェアは過去最高レベルに達し、売り上げ全体の45%になった。これは四半期としては記録的数字である。
Itelは、引き続きフィーチャーフォン市場におけるリーダーで、この四半期には24%と過去最高のシェアとなった。
インドには、政府の政策によって、製造と輸出の拠点として発展する大きなチャンスが存在する。総予算4,100億インドルピー(約5,700億円)のPLI(インド国内製造に対するインセンティブ制度)制度が4月に施行されて以降、各社はインド国内に製造拠点を立ち上げようと計画を進めている。例えば、地場のLavaは端末製造を中国からインドに移転してPLIを活用しようとしている。Appleもスマートフォン製造の2割を中国からインドに移そうと検討中である。


包括的で詳細なデータを掲載したMarket Monitor 2020年第2四半期版は、購読者の皆様にご提供致しております。弊社の最新の調査・分析・プレスリリースに関するお問い合わせは、press(at)counterpointresearch.comまでご連絡ください。

Market Monitorのデータは、各社のIR情報から推定した出荷台数、各社へのインタビュー、売上数値からの裏付け、流通在庫チェック、その他の二次調査、に基づいて得られたものです。

スマートフォン市場のグローバルシェア、および米国、中国、インドの国別シェアについては、弊社のデータセクションからご覧ください。四半期ごとに内容を更新しています。
・データセクション: https://www.counterpointresearch.com/data/
・グローバル: https://www.counterpointresearch.com/global-smartphone-share/
・米国: https://www.counterpointresearch.com/us-market-smartphone-share/
・中国: https://www.counterpointresearch.com/china-smartphone-share/
・インド: https://www.counterpointresearch.com/india-smartphone-share/


【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

英でコロナ制限再導入、飲食店の営業時間制限 在宅勤

ビジネス

ECB、来年からグリーン債を担保に受け入れ 購入資

ビジネス

新型コロナ感染増、英経済見通しの脅威=中銀総裁

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!