プレスリリース

ROY株式会社、屋根の補修及び葺き替えの施工件数増加を公表 梅雨時期に予想される集中豪雨に備えて、早期の屋根点検を推奨

2024年06月17日(月)09時00分
一級建築士事務所 ROY株式会社は、自社で行った調査により、近年、屋根の補修及び葺き替えの施工件数が増加していることを公表しました。当社では2022年1~5月1,342件、2023年1~5月では2,424件、2024年には3,098件の施工を実施しており、年々増加傾向にあります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/398190/LL_img_398190_1.jpg
屋根施工件数のグラフ
梅雨時期には大雨が多く、屋根の不具合が顕在化しやすくなります。2024年の梅雨は平年より降水量が多くなることが予想されており、特に6月下旬から7月上旬にかけての西日本から東日本の太平洋側地域や、7月上旬の西日本の日本海側、北陸、東北地方では集中豪雨による影響に警戒が必要です(出典:ウェザーニュース https://weathernews.jp/s/topics/202405/150135/ )。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/398190/LL_img_398190_2.jpg
イメージ画像(1)
それに伴い、屋根の補修及び葺き替えの施工依頼の件数増加が見込まれるため、早期の屋根点検を推奨します。屋根修理や雨漏りの早期調査を行うことで、建物へのダメージを最小限に抑え、修理費用の削減にもつながります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/398190/LL_img_398190_3.jpg
イメージ画像(2)
雨漏りは見た目の問題だけでなく、家屋の構造自体に深刻なダメージを与える可能性があります。放置すればするほど、修理費用は増大し、最終的には建物の耐久性にも影響を及ぼすことがあります。ROY株式会社では、このような被害が深刻化する前に、専門のアドバイスや適切な修理を行うことを推奨しております。


■屋根工事の点検商法に関する注意喚起
近年、屋根工事の点検商法を巡るトラブルが増えており、消費者庁の報告によると、2023年には全国で数百件の被害が報告されています(出典:消費者庁 https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20231011_1.html )。当社へも多くの被害相談が寄せられています。
これらのトラブルを避けるため、以下の対策を講じることをおすすめします。

・突然の訪問による無料点検の申し出には応じないでください。
・修理が必要な場合は、複数の信頼できる業者から見積もりを取り、自ら選定してください。
・不審な業者は絶対に家に入れないようにしましょう。

ROY株式会社は、お客様がこのようなトラブルに巻き込まれないよう、適切な情報提供と支援を行っています。屋根の問題に関して不安がある場合は、信頼できる専門業者にご相談いただくか、当社までお問い合わせください。

建物の健全性を保つためにも、ROY株式会社は、長年の経験と実績を基に、お客様の大切な家屋を守るためのサポートを提供しています。雨漏りの初期対策や緊急修理が必要な場合は、ROYコールセンター(0120-755-012、通話無料)までご相談ください。現地調査は無料で行いますが、足場が必要な場合など、一部有料のサービスもございます。事前にお見積もりを提出いたしますので、ご安心ください。


【会社概要】
会社名 : 一級建築士事務所 ROY株式会社
代表取締役: 大石 竜次
設立 : 2009年1月23日
資本金 : 9,000万円(グループ全体:1億9,000万円)
従業員数 : 社員数 320名
HP : https://roy-g.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中