プレスリリース

『Newtro』新曲ミュージックビデオ公開!久保田利伸の大ヒット曲「「LA・LA・LA LOVE SONG」をYonYonが南アフリカ発のダンスミュージック、アマピアノにアレンジして再構築!

2024年05月17日(金)18時00分
日本が誇る名曲を再構築する"リバイバル"音楽プロジェクト『Newtro』(ニュートロ)が、第14弾楽曲「LA・LA・LA LOVE SONG × YonYon feat. Gimgigam, Atsushi Inoue(showmore)」のミュージックビデオを公開。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/395289/img_395289_1.jpg
今回リバイバルされた楽曲は、圧倒的な歌唱力とクオリティの高い楽曲、卓越したリズム感が音楽ファンから高く評価され、日本のR&B界の先駆者の異名を持つ日本を代表するシンガー 久保田利伸の大ヒット曲「「LA・LA・LA LOVE SONG」。
平成の大ヒットドラマ『ロングバケーション』の主題歌としても多くの人の記憶に残るとともに、90年代を代表する曲として今でも多くのアーティストにカバーされるなど時代を越えて愛されている。

この楽曲を、ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、歌うDJとして幅広い世代に親しまれるマルチアーティストのYonYonが南アフリカ発のダンスミュージック、アマピアノにアレンジして再構築。

▼Newtro 第14弾
『LA・LA・LA LOVE SONG(1996)』 × YonYon feat. Gimgigam, Atsushi Inoue(showmore) / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/wMjuqKioWkE

<CREATOR>
▼楽曲
久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」(1996年)
平成の大ヒットドラマ『ロングバケーション』の主題歌としても多くの人の記憶に残るとともに、90年代を代表する曲として今でも多くのアーティストにカバーされるなど時代を越えて愛されている名曲。

▼アーティスト
YonYon
Sing by YonYon
Produced by YonYon, Gimgigam
Piano, Synthesizer, Chords arrangement by Atsushi Inoue(showmore)
Recorded by Takumi Nishimura (Unknown Studio)
Mixed by Gregory Germain (Fader Crafters)
Mastered by Edouard Carbonne

オフィシャルサイト:https://www.yonyon-musiq.com
X(※Twitter):https://twitter.com/yonyonsan_j
Instagram:https://www.instagram.com/yonyon.j/
Soundcloud:https://soundcloud.com/yonyon-j
YouTube:https://www.youtube.com/c/YonYon_Official
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/395289/img_395289_2.jpg
音楽レーベルPeace Tree主宰。
ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、歌うDJとして幅広い世代に親しまれ、どこか聴きやすくかつ踊れる、エッジの利いたサウンドで多彩なBPMを縦横無尽にプレイするマルチアーティスト。
ソングライティングも精力的に行い、ジャンル・言語の垣根を越えて直感的に組み立てていくそのリリックは、ポップで中毒性のあるグルーヴと裏腹なリアルでメッセージ性の強い言葉が世界中のリスナーを虜にする。さらに、三宅健、サカナクション、たまごっち主題歌など様々な分野でリミックスやプロデュースワークを行い、作家としても日々奮闘中。全国各地を飛び回りながらも音楽を通じて愛と平和を広め続けている。

<YonYon コメント>
今、世界的に日本のシティ・ポップ並び、80年代、90年代の昔のポップスが改めて注目されている中で、誰もが知っているあの名曲「LA・LA・LA LOVE SONG」のカヴァーを制作できて本当に光栄です。
新旧組み合わせによる化学反応を試みる企画でしたので、今が旬のアマピアノを取り入れたらどうなるのか?という実験に、プロデューサーのGimgigamさんと、キーボーディストの井上惇志さんに全面的に協力していただき、最高にエモなダンスミュージックに仕上がりました。
アマピアノという音楽ジャンルはハウスミュージックに加えて、R&BやJAZZの要素が入っているので元から原曲との親和性があり、BPMもドンピシャでしたが、日本のポップスと南アフリカのダンスミュージックがここまで合うものなのかと、新発見でした。
新しく生まれ変わったモダンな「LA・LA・LA LOVE SONG」が、たくさんの人々の心をワクワクさせるそんな楽曲になれたら嬉しいです。朝方のダンスフロアで投下しちゃって下さい!

▼イラストレーター
ひずみ
オフィシャルサイト:https://hzmzm.myportfolio.com/
X(※Twitter):https://twitter.com/__h_zm
Instagram:https://www.instagram.com/_hizumi/
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/395289/img_395289_3.png
風景と女の子を描くイラストレーター。
2016年頃からSNSを中心にイラストの投稿をはじめ、線と配色にこだわって作品を中心に現在はMVイラストやwebサイトキービジュアルなどを制作。

-------------
『Newtro』
アーティストやイラストレーターによって「過去(Retro)の名曲」を再構築し、「現在や未来(New)」に新しい作品として生み出す音楽プロジェクト。古き良きモノと新時代が混じり合い、新しいクリエイティブが生まれる"交差点"を中心とした「近未来都市」を舞台に、楽曲の世界観や空気感にあわせたクリエイティブを通じて世界に発信していく。
▼公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@newtro_japan

<PLAYLIST>
ミュージックビデオ:https://youtu.be/ojGA1y4FV-U
BGM:https://youtu.be/x6UeR5_lwiw

<INFORMATION>
▼Newtro YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@newtro_japan
▼X(旧Twitter)
https://twitter.com/Newtro_Japan
▼TikTok
https://www.tiktok.com/@newtro_japan
▼Instagram
https://www.instagram.com/newtro_japan/
▼Threads
https://www.threads.net/@newtro_japan

<TV PROGRAM>
▼MUSIC ON! TV(エムオン!)
「Newtro-ニュートロ-」
https://www.m-on.jp/program/detail/newtro/
ミュージックビデオ、アーティストによる選曲理由や、影響を受けた日本のレトロな音楽・文化についてのインタビューをお届け。
放送日時:5/24(木):YonYonのインタビューをお届け!



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

韓国現代自動車、インド子会社が上場申請 同国最大の

ビジネス

機械受注4月は前月比2.9%減、判断「持ち直しの動

ワールド

バイデン氏がセレブと選挙資金集会、3000万ドル調

ビジネス

植田日銀総裁が18日午前10時から参院財金委出席、
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中