プレスリリース

ドイツ・iFデザイン賞受賞のカードサイズキーケースSCHWALTZ『AL-2』が公式ショップにて5月23日販売開始

2024年05月24日(金)14時45分
株式会社中興社製作所(本社:東京都大田区、代表取締役社長:中村 健一)と、株式会社Caro(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:山口 英文、以下 Caro)は、アルミニウム削り出しでジャストカードサイズ・薄型・軽量、鍵を2本収納可能なキーケース「AL-2」の販売を2024年5月23日(木)より開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_1.jpg
SCHWALTZ・AL-2

【SCHWALTZ・AL-2販売スケジュール】
2024年5月23日(木)より販売開始
https://schwaltz.tokyo/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_2.jpg
SCHWALTZ・AL-2

【キーケース「AL-2」の特長】
○ コンパクトで薄型・軽量。2本の鍵を収納可能
ジャストカードサイズ(54mm×85.6mm)で、ケース厚6mm(突起部含めると7.5mm)。スーツやパンツのポケットにもスッキリ収まるサイズです。重量も約35g。毎日気軽に持ち歩ける軽さです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_3.jpg
コンパクトで薄型・軽量
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_4.jpg
重量も約35g

○ アルミ合金のブロック材を削り出した堅牢なケース
ケースは堅牢さとデザイン性を相持つアルミ合金(A5052)を採用。アルミブロックを精密に切削し、鍵を最小限の体積で包み込むことで強靭かつ軽量なキーケースに仕上げました。真鍮や洋白など、比較的柔らかい金属で作られている一般的な鍵を確実に守ります。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_5.jpg
アルミ合金のブロック材を削り出した堅牢なケース

○ 「フリップ機構」による、素早く快適な鍵の取り出し
板バネを使用した独自の特許技術を活用し、キーカバーを本体に脱着する機構を開発。「フリップ機能」により、素早く鍵を取り出せます。鍵をしまう際の「カチッ」とロックされる感触も、精密な金属加工ならではの心地よさです。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_6.jpg
「フリップ機構」による、素早く快適な鍵の取り出し

○ 指先で触れるだけで鍵を認識できるデザイン
2本の鍵を固定するボルトの形に違いを持たせました。1つのボルトは平面のタイプ、もう1つを波紋型(波型の断面を持つタイプ)としたことで、ユーザーは指先でボルトに触れただけで、どちらの鍵を押し出そうとしているかを認識可能です。キーの違いを視認する必要が無いので、施錠・解錠がスムーズに行えます。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_7.jpg
指先で触れるだけで鍵を認識できるデザイン

○ 繊細で美しい表面処理による高級感のある外観
切削後のアルミ合金素材にレーザー彫刻によるグラフィックパターンを彫刻、更に細密な梨地アルマイト処理。大切な鍵を守る道具にふさわしい、高品質なデザインに仕上げました。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_8.jpg
繊細で美しい表面処理による高級感のある外観

【ドイツ・iFデザイン賞を受賞】
SCHWALTZ・AL-2は、そのデザイン思想が評価され、世界三大デザイン賞の一つであるドイツ・iFデザイン賞を受賞しています。(2024年度)

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_9.jpg
ドイツ・iFデザイン賞を受賞

https://ifdesign.com/en/winner-ranking/project/schwaltz-al-2/630139


■ブランド「SCHWALTZ(シュワルツ)」と、キーケース開発経緯
SCHWALTZ(シュワルツ)は2020年に発足した、東京発の金属加工品を企画・製造・販売するブランドです。ブランド最初の商品として2013年より金属削り出しのカードサイズキーケースの開発をスタート。鍵の固定方法やフリップ機構の特許技術を取得し(特許第6797446号)、2020年に初期型のキーケースを商品化しました。その後、開発チームにCaroが参加することによって刷新されたデザインは日本国内及び中国で意匠を取得(意匠第1754190号)(中国:CN308318521S)。続けて実施したクラウドファンディングにおいても、支援金159万、支援者110名と成功を収めました。このクラウドファンディングにおいて支援者の皆様からいただいた多くの声も集約し、各部をブラッシュアップした最新の成果が、今回発売となる「AL-2」のデザインです。


【販売は「AL-2」及び2種類のボルト】

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/394444/LL_img_394444_10.jpg
販売は「AL-2」及び2種類のボルト

キーケース「AL-2」本体はもちろん、2本の鍵を固定する平型ボルト・波紋型ボルトの2種類・各5色も販売いたします。もちろんボルト単体でもご購入いただけます。本体のカラーと、2種類のボルトのカラーを自由に選べますので、様々なカラーバリエーションをお楽しみいただけます。


【「AL-2」の概要】
名称 : AL-2
販売開始日 : 2024年5月23日
一般販売価格: 19,000円(税込)
サイズ : 縦53.98mm×横85.6mm×幅6mm
カラー : シルバー・ブロンズ・グレー・パープル・ローズ(全5色)
URL : https://schwaltz.tokyo


■会社概要
商号 : 株式会社中興社製作所
代表者 : 代表取締役社長 中村 健一
所在地 : 〒143-0025 東京都大田区南馬込2-21-7
設立 : 1938年12月
事業内容: 光学機器製品の部品製造及び組立調整
資本金 : 3,000万円
URL : http://www.chukousya.com/


【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社中興社製作所
Tel:03-3772-6121


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中