プレスリリース

【5/25、5/26開催】~すべての子どもたちの笑顔のために~ 国立オリンピック記念青少年総合センターにて「春のキッズフェスタ2024」が開催!

2024年05月17日(金)17時15分
子どもたちの成長には様々な『体験』が欠かせません。自然、芸術、生活、交流などたくさんの体験を通じて経験を積むことが資質や能力を育み、子どもの成長を促すこともわかっています。
ところが、近年、都市化、少子化、AIの発達など、社会は大きく変化し、その大切な体験の場や機会の多寡が家庭の状況により二極化してきました。さらに、体験の量に加えて質の重要性も言われるようになりました。
独立行政法人国立青少年教育振興機構は、このような背景を踏まえ、多様な体験活動コンテンツを提供して行くことが重要と考え、「すべての子どもたちの笑顔のために」をコンセプトに、文部科学省やこども家庭庁、多くの企業・団体とともに「春のキッズフェスタ2024」を令和6年5月25日(土)・26日(日)に開催いたします。


●イベントについて
本イベントは、様々な企業や団体による多種多様なワークショップを提供するとともに、野外炊飯やロープワークといった自然体験や食育教室、サッカーやバレーといったスポーツ体験、落語や生け花、太神楽といった文化体験、その他ポニー乗馬やサイバーボッチャなど親子で楽しめるプログラムが満載です。また「ノンタン」や「恐竜くん」によるホールイベントや、ダンスや演奏のステージ発表などもございます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/395114/LL_img_395114_1.jpg
小田急線中吊りポスター

●「春のキッズフェスタ2024」開催概要
主催 :独立行政法人国立青少年教育振興機構
共催 :公益財団法人東京都公園協会 代々木公園サービスセンター
後援 :文部科学省、こども家庭庁
協賛 :小田急電鉄株式会社、ミズノ株式会社、ほけんの窓口グループ株式会社、
春日井製菓販売株式会社、タイガー魔法瓶株式会社、
コールマン、コンパスグループ・ジャパン株式会社、日本ハム株式会社、
株式会社 MIXI、東都生活協同組合、東京医科大学、株式会社タカラトミー、
クラシエ株式会社、株式会社ワントゥーテン、公益財団法人CTC未来財団、
公益財団法人ダノン健康財団、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社
日時 :令和6年5月25日(土)10:30~17:00
5月26日(日)10:00~15:30
会場 :国立オリンピック記念青少年総合センター
(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)
対象 :未就学、小学生、中高生の子どもたちとそのファミリー
(2日間で6,000名程度)
内容 :家族で楽しめる多様なワークショップ等
公式HP https://kids-festa.jp/
参加費:18歳未満 無料18歳以上:入場料 500円(一人あたり)
一部のブースで別途有料のコンテンツあり


■独立行政法人国立青少年教育振興機構について
我が国の青少年教育のナショナルセンターとして、青少年を巡る様々な課題へ対応するため、青少年に対し教育的な観点から、より総合的・体系的な一貫性のある体験活動等の機会や場を提供するとともに、青少年教育指導者の養成及び資質向上、青少年教育に関する調査及び研究、関係機関・団体等との連携促進、青少年教育団体が行う活動に対する助成を行い、我が国の青少年教育の振興及び青少年の健全育成を図ることを目指しています。

団体名: 独立行政法人国立青少年教育振興機構
代表者: 理事長 古川 和
所在地: 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
設立 : 平成18年4月
URL : https://www.niye.go.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏が減税拡大表明、移民流入に警告も 78歳

ビジネス

韓国現代自動車、インド子会社が上場申請 同国最大の

ビジネス

機械受注4月は前月比2.9%減、判断「持ち直しの動

ワールド

バイデン氏がセレブと選挙資金集会、3000万ドル調
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中