プレスリリース

[新商品]レンジでかんたん。話題の「豆腐干」を世界の料理にアレンジした「豆腐干食堂」シリーズ(冷凍食品) 3月1日(金)発売!特設ブランドサイトも開設

2024年02月29日(木)15時00分
加工食品の開発・販売を行う株式会社 優食(本社:東京都江戸川区、代表:Yuen Gabby-Li、以下 優食)は、今話題の低糖質・高たんぱく質な、中華圏の伝統食材「豆腐干(とうふかん)」を世界の料理にアレンジした「豆腐干食堂」シリーズを2024年3月1日(金)15時より優食公式オンラインショップにて限定発売いたします。
シリーズ第一弾は、平切りタイプの「豆腐干」と本格トマトソースを合わせた「エビとアサリのトマトソース仕立て」。
伝統食材「豆腐干」を使った、身体に優しいごちそうイタリアンが、レンジアップ約5分で皆さまの食卓に並びます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_1.jpg
豆腐干食堂ビジュアル

■「豆腐干食堂」ブランドサイトを開設
優食公式ホームページ内に、「豆腐干食堂」の特設ブランドサイトがオープン。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_2.png
豆腐干食堂 登録商標

・「おいしい」「からだにやさしい」「かんたん」な一皿を
「豆腐干食堂」は、豆腐干の持つ「おいしい」「からだにやさしい」といった特徴に、「かんたん」の要素を加えたレンジアップ即食の冷凍調理品シリーズです。
URL: https://yushoku.co.jp/tofukanshokudo/


■第一弾は「エビとアサリのトマトソース仕立て」
・ソースと具材にもこだわり
エビとアサリがゴロゴロっと入った魚介の風味豊かな本格トマトソースが平切りの「豆腐干」にしっかり絡む贅沢な一皿に仕上げました。

・しっかりした食べ応えと優れた栄養価を実現
一食280gと食べ応え抜群。
一食中のたんぱく質が36.8g 糖質が18.3gですので、様々な理由で糖質を控えたい方、トレーニング中で積極的にたんぱく質を摂りたい方、夕食が遅くなりがちでかんたんに済ませたい方、オフィスにかんたんでヘルシーな昼食を常備しておきたい方などにもおすすめです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_3.png
小麦のパスタで作った場合との、一食(280g)中のたんぱく質量・糖質量の比較

・環境にやさしい容器を採用
トレイには竹とバガスの混合素材でできた植物由来のエコ容器を採用しました。
竹は成長が早く、放置すると他の植物の生育を阻む「竹害」を起こします。
バガスは製糖の過程ででるさとうきびの絞りかすで、多くが捨てられていました。
今回の採用したトレイは、この二つの素材を使用し、森林保護及び資源の有効活用に貢献しています。
(主体原料が竹・バガスのため「紙」マークを付けています。)


■商品ビジュアル

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_4.png
パッケージ(スリーブ)表面
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_5.jpg
パッケージ(スリーブ)裏面

■製品概要 【冷凍食品】
名称 :惣菜
商品名 :豆腐干食堂 エビとアサリのトマトソース仕立て
原材料名:大豆加工品(中国製造)、玉葱、むきえび、ダイストマト、
トマトペースト、オリーブオイル、あさり、貝柱だし、大豆油、
おろしにんにく、アルロース(希少糖)、バジルペースト、
ナンプラー、オイスターソース、海鮮ソース、醸造酢、
チキンブイヨン、香辛料、食塩/調味料(アミノ酸等)、
加工でん粉、pH調整剤、カラメル色素、凝固剤、酸味料、
香辛料抽出物(一部に乳成分、えび、かに、小麦、大豆、鶏肉、ゼラチンを含む)
内容量 :280g
賞味期限:製造日より365日
販売者 :株式会社 優食(東京都江戸川区一之江7-35-22)
配送方法:冷凍便
発売時期:2024年3月1日(金)
価格 :1,188円(税込) ※メーカー希望小売価格
販売方法:優食公式オンラインショップ、
その後Amazon・楽天市場・取り扱い小売り店舗へ順次展開予定。

本品に含まれるアレルギー物質 28品目対象:大豆・えび・小麦・かに・鶏肉・乳成分・ゼラチン
※特定原材料8品目に関し、本製品工場では、くるみ、卵、落花生(ピーナッツ)を使用した製品を製造しています。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_6.png
トレー(内容)


■栄養成分 1食(280g)あたり ※1

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/385850/LL_img_385850_7.png
栄養成分

■「豆腐干」とは?
名前だけを見ると豆腐を干したものと思われがちですが、豆腐に圧力をかけて水分を抜き、軽く乾燥させたものを「豆腐干」と呼びます。
中華圏では「豆腐干」を細切りにしたものが古くから定番食材として広く親しまれ、和えものなどの副菜から、炒めもの・煮ものなどの主菜まで幅広く活用されてきました。
近年日本では、高たんぱく質・低糖質・グルテンフリーといった優れた栄養特性が脚光を浴び、そのくせの少なさ・アレンジのしやすさからも、和洋中様々な料理に活用されるようになってきている今話題の食材です。


【会社概要】
商号 : 株式会社 優食
代表者 : Yuen Gabby-Li
所在地 : 〒132-0024 東京都江戸川区一之江七丁目35-22 一富ビル5階
設立 : 2006年2月
事業内容: 加工食品の開発・販売
URL : http://www.yushoku.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英住宅売却希望価格、過去最高に迫る=ライトムーブ

ワールド

欧州で過酷な熱波の確率上昇、温暖化継続で=世界機関

ワールド

焦点:トランプ氏、若者の支持拡大 インフレやウクラ

ワールド

海洋紛争は対話で解決へ、中国軍制服組トップが表明 
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中