プレスリリース

脱炭素、CO2削減に貢献する植物由来のヴィーガンジェルネイルが「Re:soil」ブラント商品として2024年1月7日に販売予定

2023年12月13日(水)10時30分
脱炭素、カーボンニュートラル社会構築向けの最先端技術の研究開発に取り組むGSアライアンス株式会社(本社:兵庫県川西市、代表取締役:森 良平博士(工学))は、植物由来成分からなるヴィーガンジェルネイルを開発しました。2024年1月7日に、当社の植物、天然バイオマス由来ネイルコスメのブランドである「Re:soil」の製品として販売予定です。

販売サイト: https://www.nano-sakura-shop.com/shop

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/378869/LL_img_378869_1.jpg
植物由来の生分解性ネイルチップの上に、植物由来のヴィーガンジェルネイルで装飾したデザインネイル

「Re:soil」は、全ての石油由来の化学製品を天然バイオマス由来に置き換える、という開発概念で研究開発を進める化学会社であるGSアライアンスの製品群の中における、化粧品の登録商標です。当社はこれまで天然バイオマス生分解性プラスチック、天然コーティング材料、天然塗料などを開発しており、その技術をネイルコスメに応用しました。

GSアライアンスはこれまでにも、植物由来成分を用いた生分解性ネイルチップ、水性天然マニキュア、100%ヴィーガンマニキュア、100%植物由来の除光液など、いくつかの天然由来の環境に優しいネイルコスメ製品を開発しています。そしてこの度、植物由来のヴィーガンジェルネイルを開発しました。植物バイオマス成分は約22-24%です。ジェルネイルに用いられている色材にもこだわり、石油由来ではない酸化チタン、群青、酸化鉄などの無機顔料を用いています。

既に開発済みの植物由来のヴィーガンネイルチップに、今回開発した植物由来のヴィーガンジェルネイルを用いてデザインした、上も下も植物天然バイオマス由来のデザインネイル製品の組み合わせは世界初※です。
※自社調べ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/378869/LL_img_378869_2.jpg
植物由来の生分解性ネイルチップの上に、植物由来のヴィーガンジェルネイルで装飾したデザインネイル 2

■環境に負担をかけてきたからこそ、実現したかった植物由来ヴィーガン成分のネイル関連化粧品
当社は元々、昭和13年からインクや顔料のメーカーとして発展してきた会社ですが、どこかで環境に負荷をかけているのではないか、という思いをずっと抱えていました。そこで、環境、エネルギー分野の最先端材料の開発に舵を切り、CO2削減に貢献できる木、植物、バイオマスなどの天然由来のものを活用した、石油使用量をできるだけ減らした、地球に優しい生分解性の化学製品群の製品開発を行っています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/378869/LL_img_378869_3.jpg
Re:soilのロゴ

■GSアライアンス株式会社について
GSアライアンス株式会社は、国連の定めているSDGsの達成を目指す具体的な材料、技術を研究開発しています。2020年、国連関連機関(UNOPS)が支援するスタートアップ企業支援プログラムにも採択されました。世の中のすべてのプラスチックなどの化学製品を自然由来の製品に置き換えるというスローガンの元、石油由来の化学製品を、全て植物、天然バイオマス由来の化学製品に置き換える本事業(今回の天然バイオマス由来のネイルコスメ事業含む)を国内外に加速していく予定です。

会社名 : GSアライアンス株式会社(冨士色素株式会社グループ)
代表者 : 代表取締役 森 良平博士(工学)
本社所在地: 〒666-0015 兵庫県川西市小花2-22-11
事業内容 : カーボンニュートラル、脱炭素、SDGs課題に取り組む
環境、エネルギー分野の最先端技術の研究開発
(国連のスタートアップ企業支援プログラムUNOPS GIC KOBEに
2020年に採択)
URL : https://www.gsalliance.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

欧州委、中国のセキュリティー機器企業を調査 不正補

ビジネス

企業向けサービス価格、3月は前年比2.3%上昇 伸

ビジネス

TikTok、簡易版のリスク評価報告書を欧州委に提

ビジネス

日経平均は続伸で寄り付く、米株高を好感 東京エレク
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中