プレスリリース

2023年度 新規入会者対象 無料個別体験会をDIC学園Kicks×crefus各教室にて10月中旬より開催

2022年10月25日(火)09時30分
西日本エリアで教育事業行う株式会社DIC学園(所在地:大分市、代表:赤嶺 一夫)は、2023年度新5歳~中学生まで、幅広い年齢のお子様を対象とした新規入会者向けの『Kicks×crefus 無料個別体験会』を10月中旬より各地の教室で開催致します。

体験会詳細: https://www.kicks-keirinkan.com/info/lp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/331416/LL_img_331416_1.jpg
レゴ(R)ブロックに夢中

■『Kicks×crefus 無料個別体験会』について
Kicks×crefusは、みんなが大好きなレゴ(R)ブロックを使って、ロボット製作×プログラミング×STEM教育を実践する教室です。ものづくりや実験を通して、楽しみながら理数系の知識や論理的思考力が身に付きます。また、お友達との協力や発表会を通して、自分の考えや思いを自分の言葉で伝えるプレゼンテーションの力が育ちます。
2023年度4月スタートの新規生募集の為、完全個別の無料体験会を実施致します。対象は来年度新5歳~中学生まで、年齢に合わせた体験プログラムをご用意しています。実際に授業で使うレゴ(R)ブロックのキットを使い、ロボットの組み立てとプログラミングを約1時間しっかりご体験頂く、各回事前予約1組限定の特別な体験会です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/331416/LL_img_331416_2.jpeg
友達と学べる環境

■体験会概要
タイトル: Kicks×crefus 無料個別体験会
開催日時: 10月中旬~ ※完全個別の為、日時は各教室へご相談下さい。
受付開始: <平日>10:00~20:00 <土曜>10:00~17:00
会場 : Kicks×crefus 各教室
https://www.kicks-keirinkan.com/index.html#accesstop
アクセス: 上記の各教室情報参照
参加費 : 無料
参加条件: 2023年度 新年中~中学生 保護者同伴
定員 : 各回1組 ご兄弟でのご参加可。教室へご相談下さい。
主催 : 株式会社DIC学園 Kicks×crefus事業部

<お申込み方法>
TEL : 0120-665-581
お申込みフォーム: https://www.kicks-keirinkan.com/condex_01.html
公式サイト : <Kicks> https://www.kicks-keirinkan.com/info/lp/index.php?tab1=1
<crefus> https://www.kicks-keirinkan.com/info/lp/crefus.php?tab1=2

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/331416/LL_img_331416_3.png
ワクワクがとまらない

<プログラム>
◆新年中~新小学2年生 「Kicksコース」
時間:約1時間
内容:前半【科学コマ】
...レゴ(R)ブロックのコマ作りと実験を通し、
「目の錯覚」について学ぶ体験型授業です。
後半【スーパーカー】
...オリジナルスーパーカーの組み立てと、
プログラミングにチャレンジします。

◆新小学3年生~中学生 「crefusコース」
時間:約1時間
内容:前半【車両型ロボット組み立て&プログラミング】
...レゴ(R)ブロックを使って車両型ロボットを製作!
完成後は早速プログラミングで動かしてみます。
後半【組み立てたロボットでミッションにチャレンジ】
...後半は少しレベルアップして、
「月面探査ミッション」にチャレンジします。


■使用教材について
◇教育版レゴ(R)SPIKE
レゴ社とMIT(米国マサチューセッツ工科大学)が共同開発した教育版レゴ(R)キットを使用しています。教育用ロボティクスの世界に革命を起こした「教育版レゴ(R)SPIKE」シリーズは、生徒たちが無理のない方法で一歩一歩学びながら、自立型ロボットを組み立て、プログラミングすることによって、学習能力を高める為のツールです。授業ではこの優れた教材とcrefusが開発した体系化された独自の科学教育カリキュラムを取り入れています。

◇オリジナルワークシート
科学、技術、工学、数学を楽しく学習できる、各コースに合わせたワークシートをご用意しております。課題解決型で一つ一つステップアップできる内容となっており、自然と理数系の高度な知識が身に付きます。
学習の流れは「見通し→製作→実験→評価→発表」という科学者と同じ研究サイクルで学習を進めます。ワークシートには課題に対する予想や実験結果。自分のアイディアを記入し、プレゼンテーションの資料にもなります。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/331416/LL_img_331416_4.jpeg
ロボットどんな動きをするかな
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/331416/LL_img_331416_5.jpg
夢中になれる教室

■ロボット作品紹介動画
Kicks「宇宙エレベーター」 https://youtu.be/VCahQ9dBcVA
crefus「ダンスロボット」 https://youtu.be/0cgJTvaZgWM


■会社概要
商号 : 株式会社DIC学園
代表者 : 代表取締役 赤嶺 一夫
所在地 : 〒870-0027 大分県大分市末広町2丁目10番24号 DIC学園ビル7F
設立 : 1977年1月
事業内容: レゴ・ブロック プログラミング教室、家庭教師派遣、個別指導塾、
進学教室、パソコン教室、通信制高校、ホームページ制作
資本金 : 1,000万円
URL : https://www.d-gakuen.co.jp


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社DIC学園 お問い合わせ窓口
TEL : 0120-665-581
お問い合わせフォーム: https://www.kicks-keirinkan.com/condex_01.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国の李首相、韓国サムスンに投資拡大を奨励

ビジネス

米シティ、600人に週5日出勤義務付け 当局規制変

ワールド

イタリア、UNRWAに資金提供再開へ パレスチナ支

ビジネス

日経平均は反発で寄り付く、週末の米株高の流れ引き継
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中