プレスリリース

千葉県の投資物件リフォーム見学会の参加者数が前年比300%増 4/2(土)、3(日)は"リフォーム後"を公開する見学会を実施

2022年03月22日(火)15時15分
投資物件専門の建築・リフォーム事業を展開する株式会社ピカいち(代表:柳田 将禎、本社:千葉県長生郡一宮町)は、千葉県を中心に約14,000世帯のリフォーム、約150世帯の新築事業を展開。コロナ禍にもかかわらず現地見学会の申込が殺到し、参加者は前年比300%と大変な盛況となっています。コロナ禍において現状に不安を感じる若い30代の投資家が増えた今、安価な築古物件を購入し、安くリフォームすることで、敷居の高い不動産投資に抵抗がなくなったことが人気の要因としてあげられます。


【人気の背景】
人口の減少が始まり、地方や郊外に留まらず都市部においても老朽化した放置物件が急増し、空き家は深刻な社会問題となっています。5年ごとに調査される総務省の住宅・土地統計調査(平成30年)では、空き家の総数は約849万戸(2018年10月時点)ありますが、その内最多は賃貸用の51%、次いで住人が長期不在となる「その他の住宅」が41%を占めます。「その他の住宅」は、ここ20年で20倍近くに増加し、所有者が売ることも貸すこともないまま時間がたった「問題先送り空き家」が目立つようになりました。
そんな中、築古物件を安い価格で購入し、効率の良いリフォームを施した後、賃貸物件として運用する不動産投資家が増えています。
令和3年9月の内閣府の世論調査によると、「日常生活での悩みや不安を感じている」と答えた人は、全体の77.6%にのぼり、その内容について年齢別に見たところ、50代以上が健康や、老後の生活設計について不安を感じるのに比べ、「今後の収入や資産の見通しについて」と挙げた人の割合は30代で高くなりました。先行き不安から副業を考え、不動産投資を始めた「若いビギナー投資家」が増えたことがコロナ禍における特徴です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/302812/LL_img_302812_1.jpg
空き家のまま約30年放置された昭和の公務員宿舎

【築古のボロ状態公開が好評】
投資家として最も関心の高い「リフォーム前」の状態を公開する見学会を開催したところ、2022年は申込が前年比300%という盛況ぶりを見せています。リフォーム前の状態を公開することで、より具体的に施設や設備の老朽化した部分を確認し、業者まかせにしていた「見えない部分」を明確にすることは、リフォームコストを下げることにつながるため、若いビギナー投資家にとっては、格好の機会となります。
また、当社事業における「築古物件の購入・再生」、「客付けして賃貸物件として運用」という不動産投資の包括的なノウハウを駆使し、「空室対策」に至るまであらゆる相談を受け付ける質疑応答は、ビギナー投資家の関心が高く、挙手制での質疑応答では時間が超過するため、個別相談を受けるほどの状態となっています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/302812/LL_img_302812_2.jpg
リフォーム前。昭和の時代を感じる狭い浴室跡です。

【リフォーム見学会詳細】
●4/2(土)、3(日) 千葉県千葉市中央区にてリフォーム見学会実施
(以前公開した「リフォーム前」物件の施工後をお見せする見学会となります)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/302812/LL_img_302812_3.jpg
新しくなった浴室洗面所。時代のニーズに合った住まいとなりました。

【今後の展開】
コロナの影響により、築古物件のリフォーム需要は今後も増加し続けていくことが予測されます。
当社では定期的にリフォーム見学会を開催し、築古物件の現状と、劇的に生まれ変わったリフォーム後の様子を時系列に追いながら、不動産投資家へ提示していきます。


【会社概要】
名称 : 株式会社ピカいち
所在地: 〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮10095-2-1
URL : https://reform-pikaichi.com (コーポレートサイト)
http://reform-pikaichi.com/investment/ (投資家向けサイト)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日本郵船、通期予想を上方修正 紅海情勢でコンテナ運

ワールド

ハリス氏、民主党の団結へ意欲 「トランプ打ち負かす

ビジネス

6月コンビニ既存店売上高は前年比1.1%増、7カ月

ビジネス

米デルタ、21日も3割欠航 システム障害後の復旧難
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中