コラム

休暇とストレスの悲しい関係

2010年08月01日(日)17時00分

 夏の休暇中、一度も仕事のメールチェックをしない! という鉄の意志を持つ人はどのくらいいるのだろう。普段そんなにマメではない私でも、休暇に入って数日経つと少し不安になってくる。......何か大事な連絡が来ていたらどうしよう? いやいや、休暇中だからということで済まされるはず。でも、今メールを見なかったせいで後からかえって面倒なことになったら?――そんなわけで、結局は何回もパソコンを開き、なんだかんだと返信したりちょっとした雑務を済ませたりする羽目に。

 どうやらこうした傾向は各国共通なようで、イギリスのある調査機関によるこんな研究がデイリー・テレグラフ紙に紹介されていた。働く人の40%が休暇を終えて「かえってストレスを抱えて仕事に戻っている」と答え、90%が「休暇でたまったメールに返信するのを気に病んでいる」とのこと。さらに80%が「休暇中も頻繁にメールチェックをしたり電話をかけたりしてしまう」そうだ。

 テクノロジーの進化でいつでもどこでもアクセスできるせいで、仕事と休暇との切り替えが難しい、と専門家によるお決まりのコメントがこの調査には添えられているけれど、それでは、完全に仕事をシャットアウトすればハッピーな休暇を過ごしてストレスフリーで仕事に戻れるのか?

 そうとも言えないらしい。こちらはニューズウィークのサイエンス担当シャロン・ベグリーの記事。人々を休暇中と休暇後で追跡調査した08年のある研究によると、休暇を過ごしている人は「いつも以上に幸せだ」と感じているが、一度上昇した幸福レベルのせいで、かえって日常生活に戻ると憂鬱になってしまうという。さらに04年の調査では、「休暇を過ごした人は、休暇を取っていない人に比べてより不快な気分にはなっていない」という頼もしい結果が出たようだ。
 休暇によって幸せを感じられる唯一の例外は、休暇直前の気持ち。これから待ち受ける楽しみへの期待感で、このときが一番幸せを感じられるらしい。

 以下、べグリーによると――

 友人や同僚を調査した私の「非公式」調査結果によると、休暇を終えて幸せを感じられない理由は次の通り。家までのフライト(寝不足で目が真っ赤)のせい。クレジットカードの明細を見て自分のしてしまったことを思い知るから。仕事に戻らなければいけないため。どこか別の場所にいくべきだったのでは? などと考えてしまうから。レンタカーの後部座席で子供たちがしょっちゅうケンカしていたのを思い出しては疲れ果てるせい。次の休暇は何カ月も先で、おそらく年末までやってきそうもないから。

 そんなわけで、べグリーは今年、休暇に出かけるのはやめにしたとか。それでもやっぱり普通は取りたいし楽しみたいのが休暇。仕事のメールも休暇後のストレスも知ったことか、と考えてしまうのも、休暇前特有の高揚感のせいかもしれないけれど。

――編集部・高木由美子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン氏18日訪朝、24年ぶり 安保など協定署名

ビジネス

FRB議長、7月9日に上院銀行委で証言 金融政策巡

ワールド

米、中国の女性活動家巡る有罪判決を非難 即時釈放要

ワールド

ロシア、NATO核配備巡る発言批判 「緊張拡大」
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story