メンタルヘルス

「考えすぎ」で寿命が短くなるという研究──「べき思考」を治すテクニックとは?

2022年9月1日(木)08時57分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
思考

Andreus-iStock

<「考えすぎ(overthinking)」は「思考ウイルス」による、認知システムのバグ。自尊心を傷つける思考パターンを手放すには、言葉の使い方を変えるだけ>

思考は人間が動物と区別される能力の1つである。しかし、近年、「考えすぎ(overthinking)」の有害性に関する研究が相次いで発表されている。

ハーバード大学医学部ポール・F・グレン老化生物学研究センターのブルース・ヤンクナー教授らのグループは、過剰な脳活動が寿命を縮める可能性に関する研究結果を発表している。

60~70歳代と100歳以上の高齢者の脳を比較したところ、比較的若い年齢で亡くなった人は、脳の活動を沈静化させるタンパク質「REST」が大幅に少ないことが判明。脳の活動の過度な活性化、つまり「考えすぎ」によってRESTが枯渇し、それが寿命の短縮につながっているという。

また、「考えすぎ」によって、神経伝達物質であるグルタミン酸が前頭前皮質に過剰に蓄積された結果、集中力の喪失、計画力や記憶力の低下を引き起こす可能性について、パリのピティエ=サルペトリエール病院の研究チームが「Current Biology」誌に先月発表した。

「考えすぎ」は習慣

では、「考えすぎ」をやめるにはどうしたらいいのか?

不安障害の第一人者である、グウェンドリン・スミス博士は、考えすぎは「思考ウイルス」、つまり思考の癖、習慣による認知システムのバグだと言う(『考えすぎてしまうあなたへ』より)。

ゼロが100かというように、ものごとの有無をはっきりつけて曖昧さを受け入れない「白黒思考」、「たいしたことじゃない」「運が良かっただけ」などと、ネガティブな面ばかりに焦点を当てる「マイナス化思考」など、「思考ウイルス」は考え方を強化してしまう。


「思考ウイルス」の一覧
白黒思考/過度の一般化/ネガティブフィルター/マイナス化思考/結論の飛躍/拡大解釈/過小視/感情的推論/認知的推論/身体的推論/自己関連づけ/「もう耐えられない!」/レッテル貼り/べき思考

中でも、「べき思考」を手放すことの重要性を博士は強調する。

自分の言動を振り返ることは大切なプロセスであるものの、「こうすべきだった」「やらねばならない」など、「べき」という言葉は自分を支配し、罪悪感を与える。そして自尊心を傷つけるだけでなく、自己不信に陥り、不安を引き起こしてしまう、思考パターンだという。

127beki-20220831-2.jpg

『考えすぎてしまうあなたへ』127頁より

では、どうしたら「べき思考」をやめることができるのか? 博士は「べき」の代わりに「選択」を強調するような言葉を使うように勧めている。言葉遣いによって思考を変化させることができるのだ、と。

今、あなたにオススメ

話題のニュースを毎朝お届けするメールマガジン、ご登録はこちらから。

今、あなたにオススメ

注目のキーワード

注目のキーワード

本誌紹介

特集:日本のヤバい未来 2050

本誌 最新号

特集:日本のヤバい未来 2050

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

2023年2月 7日号  1/31発売

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 3

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 子供のノミネートは過去にも

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 7

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    ロシア、ウクライナ東部バフムト近郊で攻勢強める …

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

【写真特集】ブラック・パンサーの主役だった女性同志たち