Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.7.11号(7/ 4発売)

特集:反田恭平現象

2023年7月11日号(7/ 4発売)

Cover Story

ショパンコンクールで日本を沸かせた天才ピアニストのクラシック革命

ルポ クラシック界を席巻する反田恭平現象
インタビュー 「世界的な楽団を育てたい」
メッセージ 「世界を目指して貪欲に勝負を」── 佐渡裕
Q&A 盟友・務川慧悟が語る熱狂と喝采の舞台裏
楽器 世界のピアノの進化論
独占取材 伝説のピアニスト・ブーニンが語る栄光と葛藤の先
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

傭兵隊長が暴いた独裁者の虚像

ロシア プリゴジンから挑戦状を突き付けられ露呈したプーチンの欠点
【Periscope】
NEPAL 「グルカ兵」がウクライナで戦う理由
TURKEY トルコが抜け出せない経済危機の三重苦
UNITED STATES ザッカーバーグとマスクが「金網」対決?
GO FIGURE サイバースパイを行う北朝鮮の標的は
【Commentary】
視点 中国を見切った?韓国の眼力 ── 木村幹
経済 変動相場制は新興国の万能薬か ── アンドレス・ベラスコ
分析 プーチンの「楼閣」が崩れる時 ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 共和党の異常な「トランス熱」── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 世界で強まる国家の企業統制 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ゲーム好き家族の話に入れない私
忘れられたニュース 「COCOA」の失敗から学べること── 石戸諭
森達也の私的邦画論 『ケイコ 目を澄ませて』は引き算が見事 ── 森達也
【World Affairs】
解説 ワグネルはいかにして反乱に至ったのか
中国 農民工の不満が噴き出した
米社会 少数派優遇に終焉の日が迫る
【Life/Style】
Animation 「30歳」を迎えたセーラー戦士たち
Drama 『ジ・アイドル』のエゴと欲と勘違い
Drama J・D・モーガン『ウォーキング・デッド』を語る
Health (超)高齢パパ出産にあやかりたいと思う前に
Drinks ビールにとって最高の泡を求め続けて
My Turn ほぼ寝たきりだった私が10歳若返った
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 欧州最貧国の油田が健康と環境を蝕む
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 日本を選んだ「外国人財」を大切に ── 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中