Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.4.25号(4/18発売)

特集:AIダイエット

2023年4月25日号(4/18発売)

Cover Story

肥満や糖尿病のカギを握る腸内微生物を、AIで管理・調整する個別化栄養学の時代が来た

健康 アメリカで始まったAIダイエット革命
メンタルヘルス AIセラピストの可能性と限界
倫理 チャットGPTの医療利用に「?」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「台湾包囲」に習熟する中国

中台関係 米台の指導者が会えば会うほど中国は訓練を積む

傭兵部隊ワグネル、残虐の理由

ロシア 敵にも味方にも容赦ない「国境なき軍隊」の正体
【Periscope】
UNITED STATES 21歳兵士はなぜ機密文書を持ち出せたか
RUSSIA 旧ソ連国の紛争にプーチンもお手上げ
UKRAINE クリミア半島からロシア系住民が大脱出
GO FIGURE 南極で解ける巨大氷河の脅威
【Commentary】
英国 SNPとスコットランドは大混乱中──コリン・ジョイス
経済 人民元がドルを超える日はまだ遠い──魏尚進
米司法 最高裁判事の罪深き接待疑惑──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 無害なものに怒る「共和党しぐさ」──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 「不利な投資」なのに金が人気の訳 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 私をATM扱いする婚約者にモヤモヤ
その言葉への違和感 技能実習制度「廃止」を疑う── 望月優大
森達也の私的邦画論 『アフタースクール』を甘くみたらダマされる ── 森達也
【World Affairs】
米政治 起訴されたトランプと次期大統領選の行方
【Features】
アメリカ 難民に迫るタイムリミット
【Life/Style】
Music 相性最高の3人組が帰ってきた!
Movies マリウポリの片隅で市民の日常を見つめて
Movies 「オスカーのもらい方は決めてある」
Art デジタルを恐れない85歳ホックニーの挑戦
Health 更年期女性を惑わす更年期マーケティング
Nature ウクライナ戦争で黒海のイルカが絶滅する?
My Turn 「ウイルスは研究所で生まれた」
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 次の「スパイ容疑」を生まないために ── 周来友
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 2

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 3

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」の理由...関係者も見落とした「冷徹な市場のルール」

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 6

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 7

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    コロナ禍と東京五輪を挟んだ6年ぶりの訪問で、「新し…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中