Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2010.10.20号(10/13発売)

大増殖するAndroid携帯

2010年10月20日号(10/13発売)

Cover Story

オープンソースで改変も自在なグーグルのスマートフォン向けソフトが、iPhoneを猛追中。モバイル業界の未来をどう変えるのか

スマートフォン アンドロイド、増殖中

アプリ 最強アプリはこう作れ

次世代テレビ グーグルTVで丸ごとインターネット!

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

アメリカを貶めるパキスタンの下心

対テロ戦争 米軍の足を引っ張る「同盟国」がアフガニスタンでの戦争に混乱をもたらしている

嘘とでっち上げのオバマたたき

米政治 卓中間選挙を前に、有権者の間でますます広まるゆがんだイメージを払拭することができるか

チェチェンを牛耳る武闘派ボス

ロシア 治安回復の切り札として起用されたチェチェンのカディロフ大統領の力量

いじめの加害者をどう罰すべきか

米社会 女子高生のいじめ自殺で高まる加害者批判の危うさ

ノーベル賞は堕落を招く

文学賞 権威ある賞が読者を思考停止に陥らせ、名作探求の努力を怠らせる
Society & The Arts
トラベル 中国的ハネムーンはイタリアで
ブランド 汚れたカリスマ主婦、復活への道
オペラ 生まれ変わるワーグナーの世界
美術 ハイチに花咲く震災アート
新刊 サルコジ夫人の暴露本が続々登場
映画 王道ラブコメ『遠距離恋愛 彼女の決断』
World Affairs
米印関係インド「駄々っ子外交」の愚
外交中東和平頓挫はオバマのせい?
ヨーロッパ欧州を脅かすテロリストの正体
メキシコ麻薬戦争に現れた「救世主」ブログ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中