Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.9. 5号(8/29発売)

特集:王者アマゾン次の一手

2017年9月 5日号(8/29発売)

Cover Story

暮らしと産業を変える巨大ネット企業アマゾンを生んだ奇才ジェフ・ベゾスの次なる挑戦と待ち受ける「壁」

経営者 Amazonの帝王、ジェフ・ベゾスの野心
■個人史 謎に満ちたベゾスの半生
批判 「世界一」富豪に迫る法の壁
疑惑 複雑で周到過ぎる節税対策
バトル トランプvsベゾス、口論の軍配は?
展望 低迷スーパーを買ったアマゾンの皮算用

米兵の瞳に映ったイラクの悪魔

独裁者 処刑目前のフセインを警護した米憲兵隊チームは何を体験したか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 失態トランプを支持する人々
UNITED STATES 反差別運動をむしばむ暴力主義
ZIMBABWE 大統領夫人の暴力と「王朝」の終焉
FRANCE テロも恐れずパリに観光客が戻ってきた
BY THE NUMBERS チャールズよりウィリアムを国王に
SPAIN バルセロナテロを防ぐ方法はあった
UYGHUR 中国マネーとイスラム分断策
BRITAIN 動物園のアイドルが自然保護に一役
Asia
JAPAN 「河野談話の息子」にあらず
PAKISTAN 中国の援護で強気になるパキスタン
CHINA 中国旧式ミサイルの「標的」は
SOUTH KOREA サムスン副会長有罪で財閥は変わるか
People
女性ヒーローが映す男女の収入格差、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
米外交 トランプが人権問題に目覚めた?
教育 欧米の名門大学よ、中国マネーに屈するな
話題作 中国版『ランボー』は本家を超えた
新規制 電子たばこ人気の裏に大手の影
テクノロジー 相手の心を読む辣腕AI交渉人
生体工学 ナメクジ・パワーで出血を止める
【LIFE/STYLE】
Pet ステレオタイプが犬の命を脅かす
Movies レイプがブラックコメディーになるとき
Psychology 浮気性は脳が鈍感になるせい
Psychology 頭のいい人が陥る思考のわな
Food 罪悪感は味わわない食べ過ぎOKのアイス
Food NOBUを演出する友情コラボ
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 人種差別の暴力が「お互いさま」?
Picture Power 人身売買で崩壊するネパール社会

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!