Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.9.20号(9/13発売)

特集:オバマはアジアに何を遺したか

2016年9月20日号(9/13発売)

Cover Story

中国の海洋進出、前途多難なTPP、北朝鮮の核開発...... オバマが掲げた「アジア重視」戦略は失敗だったのか

米外交 オバマ、未完のアジア重視戦略
■貿易 「目玉」となるTPP、ギリギリの攻防
Q&A 対中政策のカギは均衡にあり
戦争 オバマ過去の清算、ラオスに残る傷
後継者 再強化でもアジア重視策は終焉の予感

「独裁者」トランプの危険な思想

米大統領選 「暴言王」が安全保障政策を問う番組で連発した問題発言
【PERISCOPE】
InternationaList
BRAZIL 感動のパラリンピックとリオの現実
NORTH KOREA 北朝鮮が核弾頭量産化の悪夢
SOUTH AFRICA 南ア与党を揺さぶる「占拠せよ」運動
RUSSIA プーチンが語った後継者の条件は
ITALY 少子化イタリアの子作り広告に非難の嵐
PALESTINE 中東和平仲介は元KGBのよしみ?
GERMANY 極右躍進でもメルケルに敵なし
UNITED STATES トランプは本当に大統領になれるのか
EGYPT 日本の842億円が砂漠に沈む
PHILIPPINES ドゥテルテが進める最弱軍の近代化
UNITED STATES アメリカでアジアでジカ熱が止まらない
SYRIA 米ロ合意でシリアの激戦は終わるのか
Asia
UZBEKISTAN 過激派が狙う「独裁者」なき中央アジア
HONG KONG 香港で英連邦復帰を求める声
Business
「完全なる自動運転」実現へのロードマップ
【FEATURES & ANALYSIS】
シリア 利害絡み合う中東で利用されるアメリカ
国際政治 プーチンとイランの同床異夢
人権 中国獄中で忘れられる外国人
エコ 地球が古着の山に埋もれる日
中米 環境活動家に迫る脅迫と殺人の包囲網
不法移民 中米の子供たちの末路
エネルギー テスラが描く新エネルギー世界
科学 最強の日焼け止めは魚の機能に学ぶ
【LIFE/STYLE】
Food そのピザは本物? それとも邪道?
Movies 歌と恋に生きたジャニスの素顔
Movies ブラピ夫妻が描く「中年危機」
Movies 巨人と少女の大いなる冒険物語『BFG』
City 「スターリンのベルサイユ」が復活
Health 病院嫌いの男性に女性の愛のムチを
Health 耐性菌へのひげの意外な効用
【DEPARTMENTS】
Picture Power 霊長類に宿る人間性を探して

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!